ダッソー・システムズ、自動車・輸送機械向けソリューション「ターゲット・ゼロ・デフェクト」を発表、初期品質の高い車両開発を実現

PR TIMES / 2013年6月20日 12時6分

自動車・輸送機械メーカー、サプライヤー向け、デジタルなコラボレーション環境で、構想から最終組立てまで 不具合ゼロのプロセスを実現

3Dエクスペリエンス企業であり、3D設計、3Dデジタルモックアップ、プロダクト・ライフサイクル・マネジメント(PLM)分野のソリューションにおける世界的リーダーであるDassault Systemes(ユーロネクスト・パリ:#13065, DSY.PA)は本日、自動車・輸送機械産業向けインダストリー・ソリューション・エクスペリエンス(ISE)、「ターゲット・ゼロ・デフェクト」を発表しました。このISEは、製品開発プロセス全体にわたって不具合ゼロを実現するための、オープンで統合されたコラボレーション環境を提供します。「ターゲット・ゼロ・デフェクト」ISEは、多額の費用がかかるリコール発生の可能性を抑え、新製品の投入に伴うリスクを軽減できるよう、メーカーとそのサプライヤーを支援します。



今日の自動車メーカーとそのサプライヤーは、車両開発プロセスの複雑化が進む中、新しい技術や機能をより迅速に導入する必要に迫られています。車両プラットフォームが世界的に共通化される一方、地域ごとのモジュール設計と組み立て戦略が求められ、開発と製造のプロセスはさらに複雑なものとなっています。しかし、多くのプロセスはまだ十分に繋がっていないのが現実です。

「ターゲット・ゼロ・デフェクト」では、デザイン、設計、製造の各工程を、企業、パートナー、サプライヤー等から成るエコシステム全体を通して、ダイナミックにコラボレーション可能とする製品開発環境につなぐことで、企業にすでにあるナレッジを取り込んで活用するためのグローバルなアプローチを提供します。シャシー、パワートレイン、ボディ、インテリアといったあらゆる領域の構想設計からバーチャル製造まで、あらゆる段階をカバーする、高性能な仮想設計とシミュレーションも利用できます。このISEは、複雑な車両システムと構成部品の仮想設計、シミュレーション、検証を可能にするシステムエンジニアリング機能を土台としています。

米国テスラ社(Tesla Motors)のエンジニアリングツール担当ディレクターであるPaul Lomangino氏は、次のように述べています。「テスラ社では、全員が可能な限りクリエイティブで生産的であることが求められます。3Dエクスペリエンス・プラットフォームでは、製品開発プロセスの関係者全員が、プロセスやツールに気を取られることなく、クリエイティブで生産的であることに集中できます。複雑化する製品、プロセスの双方に対応できる3Dエクスペリエンス・プラットフォームは会社が前に進む上で大変重要です。複数の組織を一つの旗のもとで一体化し、全組織を共通のソリューションでまとめる機能は、テスラ社が前進するうえで大きな助けとなります。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング