『上質スキンケア派』はトレンドにも敏感!女子向けキュレーションメディア「MERY」が人気

PR TIMES / 2014年10月9日 12時8分

- [VALUES eMark+]で見る! “オトナ女子”のネット行動リサーチ -

◆30代~40代前半の化粧水購入層(女性)は、ファッションECとの親和度が高い。
◆特に、いわゆる百貨店ブランドの価格帯購入層は、ファッション、ライフスタイルなどで情報感度が高い。具体的には、女子向けまとめサイト「MERY」がターゲット含有率トップに。





 ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、一般ネットユーザーの行動ログとデモグラフィック(属性)情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、化粧水購入者のネット行動特徴からうかがえるユーザーインサイトを分析しました。

【調査・分析概要】
 ヴァリューズが保有する全国のモニタに対し、2014年8月29日~9月5日に、化粧水の購買行動調査を実施(回答者:15,749人)。うち、化粧水を購入した人(購入者:2,267人)で30代~40代前半の女性を分析ターゲットとし、2014年8月の実際のネット行動ログデータを解析。ターゲットユーザーが日頃どのようなサイトを見ているかを分析しました。分析ツールは「VALUES eMark+」を用いています。
※ネット行動はPC上のログが分析対象。サイトカテゴリはヴァリューズが独自に定義。

【結果サマリー】
◆30代~40代前半の化粧水購入者(女性)は、ファッションECとの親和度が高い

 2014年8月に化粧水を購入した女性で、30代~40代前半の“オトナ女子”層をターゲットに絞ってみると、ファッションECサイトの親和度が高いことがわかりました。表1.は、【サイト訪問者全体に占めるターゲットの割合】が高い順にランキングしたものですが、1位:「SELECSONIC.com」、2位:「スクロール On-line Shop」をはじめ、「magaseek」、「ファッション通販Stylife」など、トップ10に4つのファッションECがランクインしています。スキンケアだけでなく、ファッションへも関心の高さがうかがえます。


◆購入価格帯でユーザープロファイルに変化あり! 特に百貨店ブランドの価格帯購入層は、ファッション、ライフスタイルなどで情報感度が高い傾向

 次に、化粧水の購入価格帯で日頃見ているサイトに変化があるのかを調査するため、30代~40代前半の化粧水購入者(女性)を以下2つの分析ターゲットに分類し、ランキング表を作成しました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング