製薬企業の営業・マーケティング部門ディシジョンメーカー200名以上が参加予定 第9回Sales Excellence Japan 2014

PR TIMES / 2014年8月18日 9時11分

eyeforpharma Japan(本社:英国・ロンドン)はMRの生産性向上と営業プロセス構築および仕組みづくりに特化した製薬営業・カンファレンス「第9回Sales Excellence Japan 2014 」を10月14日(火)~15日(水)の会期にてヒルトン東京で開催致します。本年は、「営業チャネルのバランスを把握」、「MRのマルチチャネルやデジタルツールに対する理解能力の向上」、「IT インフラ環境を設備し、MR 活動と営業戦略をうまく組み合わせる」、「営業データ分析ができる営業・データハンドリング経験のある人材の育成」、「顧客インサイトをMR 活動と営業戦略へ導入する方法」などの注目テーマをセッションやパネルディスカッションにより、医薬品営業およびマーケティングにおける最新動向の検証や成功事例とともに掘り下げて参りま す。なお、本カンファレンスには、製薬会社のマーケティング、営業、およびコマーシャル事業関連部門において、中核を担うディシジョンメーカー200名以 上の参加を予定しておりますので、ネットワーキングにも最適な機会となっております。



eyeforpharma Japan(本社:英国・ロンドン)はMRの生産性向上と営業プロセス構築および仕組みづくりに特化した製薬営業・カンファレンス「第9回Sales Excellence Japan 2014 」を10月14日(火)~15日(水)の会期にてヒルトン東京で開催致します。本年は、「営業チャネルのバランスを把握」、「MRのマルチチャネルやデジタルツールに対する理解能力の向上」、「IT インフラ環境を設備し、MR 活動と営業戦略をうまく組み合わせる」、「営業データ分析ができる営業・データハンドリング経験のある人材の育成」、「顧客インサイトをMR 活動と営業戦略へ導入する方法」などの注目テーマをセッションやパネルディスカッションにより、医薬品営業およびマーケティングにおける最新動向の検証や成功事例とともに掘り下げて参りま す。なお、本カンファレンスには、製薬会社のマーケティング、営業、およびコマーシャル事業関連部門において、中核を担うディシジョンメーカー200名以 上の参加を予定しておりますので、ネットワーキングにも最適な機会となっております。

■□■ 「第9回Sales Excellence Japan 2014 」開催概要 ■□■
日時:2014年10月14日(火)~15日(水)
会場:ヒルトン東京(西新宿)
参加料:有料 参加予定人数:200名以上 主催: eyeforpharma Japan
詳細は、下記カンファレンス ウェブサイトをご覧ください。
URL: http://www.eyeforpharma.com/salesjapan/jp-index.php

【プログラム】
2014年10月14日(火)
セクション1:MRを主体としたマルチチャネル戦略やその構築方法
2014年10月15日(水)
セクション2:効果的な営業戦略を立てるための有益な顧客インサイト

<主な講演者の一例>
15名以上の内資・外資製薬企業 営業・マーケティングのシニアエグゼクティブおよび臨床医師や薬剤部長が登壇します。

岡田 裕氏/シャイアー・ジャパン株式会社 内科領域事業部 事業部長
平井 久晴氏 /アッヴィ合同会社 消化器系事業本部 本部長
重枝 慶己氏/バイエル薬品株式会社 事業統括本部 コマーシャル・オペレーションズ部長
マーティン・アームストロング氏/ノバルティスアニマルヘルス株式会社 代表取締役社長
岡崎 昌雄氏/ファイザー・ホールディングズ株式会社 ビジネステクノロジー担当 部門長
今栄 雅文氏/Meiji Seika ファルマ株式会社 医薬情報管理部 部長
濱中 賢氏/ブリストル・マイヤーズ株式会社 コマーシャルエクセレンス ディレクター
宮田 靖志氏/留萌市立病院 総合診療医養成研修センター センター長
林 昌洋氏/虎の門病院 薬剤部長
久 智行氏/放送大学 教養学部 客員教授、医師・医博・法博
黒川 陽介氏/東京大学医科学研究所附属病院 薬剤部 薬剤部長
武藤 正樹氏/国際医療福祉大学大学院 医療経営管理分野 大学院教授
深井 克彦氏/日本調剤株式会社 取締役


【Sales Excellence Japan 2014 の主な特徴】

製薬業界のシニアレベル・キープレイヤーによる講演
製薬企業の演者が登壇し、「MRを主体としたマルチチャネル戦略やその構築方法」と「効果的な営業戦略を立てるための有益な顧客インサイト」の事例紹介
臨床医師、薬剤部長やオピニオンリーダーの演者が事例に基づいて理想的なMR像を議論するパネルディスカッション
医薬品営業・IT戦略やコマーシャルエクセレンスの最新実例をご紹介
キープレイヤーとネットワーキングをする機会


<取り上げる主な内容>

業界の「生の声」を取り入れるため、独自リサーチをもとに作成したプログラムをご用意しています。
MRを主体としたマルチチャネル戦略の有用性
生産性の向上に繋がる顧客を中心とした営業戦略
有益な顧客インサイトを得るための最適なシステム構築
顧客情報を迅速に取得・活用するコミュニケーション戦略
ニーズが各々異なる医師や薬剤部長に適した情報提供


<Sales Excellence Japan 2013 / 昨年の実績>
参加者248名
17名以上のシニアエグゼクティブが登壇
94%の参加者が2014年にまた参加したいと回答 ※eyeforpharmaのアンケート調査結果

■ eyeforpharma について
eyeforpharma は、激変する医薬品市場にて、医薬品業界関係者が最新の情報や有益な事例を共有するプラットフォームをレポートやカンファレンスなどの媒体を通じて提供しております。
http://social.eyeforpharma.com

■ 本カンファレンスに関するお問い合わせ先
eyeforpharma Japan ステファニー・クームス(Stephanie Coombes)
Email: scoombes@eyeforpharma.com

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング