アキュラシステム誕生20周年、アキュラホーム創業35周年記念 シンポジウム「木造住宅の未来~つくり手の挑戦×住み手の変革」開催

PR TIMES / 2014年7月17日 14時17分

~ 転換期にある住宅市場、つくり手に求められる役割を再認識する ~



アキュラシステム誕生20周年、アキュラホーム創業35周年記念
シンポジウム「木造住宅の未来~つくり手の挑戦×住み手の変革」開催
~ 転換期にある住宅市場、つくり手に求められる役割を再認識する ~

 日本最大の工務店ネットワーク「ジャーブネット」(主宰:株式会社アキュラホーム 代表取締役社長宮沢俊哉、東京都新宿区)は、7月3日(木)に目黒雅叙園(東京都目黒区)に於いて「第15回ジャーブネット全国大会」を開催し、シンポジウム「木造住宅の未来~つくり手の挑戦 × 住み手の変革」を行いました。当日は、ジャーブネット会員企業など約560名が集いました。

 全国大会は、年に1度、全国各地の会員工務店とアキュラホーム幹部社員が集い、1年間の活動実績を発表し、当年の方針を共有する場として開催しています。今年度は工務店経営支援システム「アキュラシステム」誕生20周年、アキュラホーム創業35周年を記念し、「木造住宅の未来~つくり手の挑戦 × 住み手の変革」をテーマとしたシンポジウムを開催しました。
 転換期にある住宅業界において、住み手の住まいに対する意識の変化に、つくり手はどのようなアプローチができるか、様々な角度から検証。「住まい」「つくり手」「住まい手」三者を分析し、地域に根ざした工務店の役割を再認識する契機となりました。


■ 講演:「箱の産業」から「場の産業」への大転換

東京大学大学院 工学系研究科 建築学専攻 教授 松村秀一氏

 住宅業界は時代の潮目、住宅という箱を生産供給する産業から、より望ましい生活を展開する場を提供する産業へと転換している。大転換期には各々が明確にそれを認識し、生活者や利用者の視点を持ち異業種と組む等、意識を変えて新しい血を入れていく事が必要だ。これからは住宅のストックが中心の社会へと移行する。地域の豊かなストックを利用する構想力---要望ではなく生活者の構想を引き出す力が必要になる。入居者が自由に部屋をつくれるカスタマイズ賃貸が注目されているのもその一つであり、10年前には全く考えられなかった状況だ。そして生活を展開する場としての地域を守る家守=エリアマネジメントが重要で、個々の箱の価値を高めることにつながる。さらに、ストックを新築に近づけるリフォームではなく新築とは違う価値を見出すリノベーションへとシフトし、建物の長所を伸ばし場として提供する産業へと向かう。DIYが普及し材工の図式が崩れる中、住宅業界は工の合理的再編を迫られ、人々の生活の豊かさに貢献していくコンテンツ産業になる。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング