インバウンドの約84%にリーチ!次世代「観光案内サービス」が多言語化対応を開始

PR TIMES / 2018年3月20日 12時1分

AI(機械学習)を活用した、精度の高い自動翻訳を実現

Deaps Technologies株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:宮本章弘)は、地域や事業者のサービス導入拠点を中心とした周辺案内を追加、表示できる次世代観光案内サービス「chizco(チズコ)」( https://chizco.jp/)で、2018年3月20日(火)より多言語化対応を開始することをお知らせ致します。



AIを活用した機械翻訳で、訪日外国人の約84%に対応
「chizco」は、WEBサイトのアクセスマップにコードを1行追加するだけで、周辺案内を可能にするマップサービスです。これまで英語翻訳に対応していましたが、この度中国語、韓国語に追加対応致しました。これにより、訪日外国人の約84%に対応します [1]。翻訳にはAI(機械学習)を活用し、従来より高い精度の表現を実現しています。翻訳精度は機械学習により今後も改善していきます。

[画像1: https://prtimes.jp/i/29556/17/resize/d29556-17-203032-0.jpg ]

chizcoサービスページ デモ画面でご覧頂けます( https://chizco.jp/)。

[1]日本政府観光局統計データ 国籍/月別 訪日外客数(2017年度)より推計
https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/visitor_trends/


Deaps Technologies株式会社について

「世界を発見で満たす。」というビジョンの下、AIファーストの事業を展開する、BtoC事業における富士通グループ初のスピンオフベンチャー。先端技術をフル活用した日本初のAI搭載観光SNS「Deaps」を開発。2018年2月より、BtoB事業の次世代スマートマップ「chizco」も開始。「新しく、機能的で、美しい」ことを大切に、斬新なアイデア、最先端テクノロジー、科学的デザイン、そして遊び心を融合させたサービス・ソリューションを開発・提供。
公式Webサイト: https://deaps.co.jp/


次世代スマートマップ「chizco」とは


[画像2: https://prtimes.jp/i/29556/17/resize/d29556-17-821741-1.jpg ]

chizcoは導入拠点の滞在価値を向上させるスマートアクセスマップです。従来のアクセス情報マップに、拠点を中心とした周辺情報を追加することで、拠点の付加価値を高め、利用者の満足度を向上させます。

chizcoに表示される周辺案内情報は、Deaps Technologiesが提供する、AI搭載観光SNSアプリ「Deaps」と連携しています。Deapsにはユーザーから新鮮でユニークな情報が常に投稿されているため、導入拠点のお客様は情報の収集や更新の手間がなく、利用者は見知らぬ土地の深い情報を容易に知ることができます。

◇ 製品名:chizco(チズコ)
◇ サービスページ: https://chizco.jp/



「chizco」連動 AI搭載観光SNSアプリ「Deaps」とは


[画像3: https://prtimes.jp/i/29556/17/resize/d29556-17-895627-4.jpg ]


Deapsはおすすめスポットやプランを、誰でも自由に投稿、閲覧、リアクションができる観光SNSです。SNSの中で行き交う情報をAIが利用者の趣味嗜好を分析し、情報を個別最適化します。
[画像4: https://prtimes.jp/i/29556/17/resize/d29556-17-567799-3.jpg ]



アプリ名:Deaps(ディープス)
販売価格:無料 (対応OS:iOS)
ダウンロードページ(iOS): https://deaps.com/app
公式Webサイト: https://www.deaps.com/
提供元:Deaps Technologies株式会社

≪お客様および報道関係お問い合わせ先≫
Deaps Technologies株式会社 東京都中央区新川2町目20番8号八丁堀スクエア7階
電話:03-6222-8970(代表)  E-mail: info@deaps.com 担当:芝野

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

×

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング