面倒な検証作業もAIで!多言語AIチャットボット「ObotAI」の新機能 Validation(検証)機能でレポートの自動作成のお知らせ。

PR TIMES / 2019年2月20日 11時40分

※公共団体様や大手企業様のご担当者様は必見です!



[画像1: https://prtimes.jp/i/36236/17/resize/d36236-17-481144-0.png ]


多言語コミュニケーションツールを開発する株式会社MARIANA OCEAN(所在地:東京都渋谷区 代表取締役社長:北見好拡)は、多言語AIチャットボット「ObotAI(オーボットエーアイ)」の、新機能「Validation(検証)」を実装いたしました。

Validation(検証)機能とは、検証作業が必要な公共団体様や大手企業様のご要望で開発された機能です。
「ObotAI」のAIエンジンの学習状況を自動で検証することが可能で、この検証の試験結果をCSVまたはExcelデータで抽出できます。これにより成果物の検収や、Q&A変更した際に必要な試験結果のレポート作成が容易になります。
[画像2: https://prtimes.jp/i/36236/17/resize/d36236-17-286513-4.png ]


     ↓Excelにて抽出

[画像3: https://prtimes.jp/i/36236/17/resize/d36236-17-385718-2.png ]


さらにValidation機能は、過去の検証結果を比較する機能を持っています。新しいデータの追加や変更等を行った場合に、検証結果を比較することで変更内容を確認して頂くことも可能です。
[画像4: https://prtimes.jp/i/36236/17/resize/d36236-17-419603-5.png ]

※実施した検証結果は言語毎に保存されます。


[画像5: https://prtimes.jp/i/36236/17/resize/d36236-17-510635-3.png ]


■ObotAIの特徴
・日本語だけでなくマルチ言語として、英語をはじめとした主要外国語(英語、中国語(簡体語・繁体語)・韓国語・ロシア語・タイ語)にも対応しており、外国人ユーザーにも快適にご利用いただけます。
・従来、スタッフが対応していたお問い合わせ業務をチャットボットにより一部自動化することで、人件費をはじめとしたコスト削減効果があります。また、顧客サポート時間を広げることを可能とします。
・外国語の専門知識がなくてもご安心ください。ホテル、レストラン、観光関連に熟知した弊社専門スタッフが、クライアントのAIデータ入力を多言語にてサポートいたします。

■対応UI(ユーザーインターフェイス)
・WebChat
・LINE
・Facebook Messenger
・Wechat
・カカオトーク
・AIスピーカー(スマートスピーカー)

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=2vGQnqljszc&feature=youtu.be ]



■会社概要
社名  :株式会社MARIANA OCEAN JAPAN
代表者 :代表取締役社長 北見好拡
所在地 :東京都渋谷区恵比寿2-6-25 上田ビル3F

■事業内容:
・多言語AIチャットボット事業
・ナチュラルコスメブランド事業
・海外リゾート場事業
URL : https://obot-ai.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング