1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2021」シネマディスカバリーズでオンライン配信

PR TIMES / 2021年9月1日 19時45分

9月25日(土)~10日3日(日)

インディペンデント映画の配信サービス「CINEMA DISCOVERIES」(シネマディスカバリーズ)を提供するシネマディスカバリーズ株式会社(東京都千代田区、代表取締役:福島亨)は、「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2021」が新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から安心・安全を第一に考えオンライン配信で開催されることを受け、 9月25日(土)~10日3日(日)の 9 日間、コンペティション部門全 24 作品を配信いたします。またそれにあわせ過去の受賞作など13作品を配信いたします。



[画像: https://prtimes.jp/i/53836/17/resize/d53836-17-f76e58f0732637f99ca0-0.png ]


●オンライン開催の経緯
シネマディスカバリーズはコロナ禍の昨年4月にローンチいたしました。コロナ禍で休館を余儀なくされたミニシアターや映画祭を配信サービスの立場からサポート、映画文化を担う皆様との連携を強化してまいりました。コロナの終息がみえない状況下において、昨年に引き続き作家支援、新たな才能の発掘という共通の目的のため、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭様のオンライン映画祭の開催をサポートさせていただくことになりました。

●オンライン開催と関連コンテンツの概要
1.ノミネート24作品を配信!
オンライン開催では、24作品がノミネート。国際コンペティションでは、過去最多となる合計889本の中からドキュメンタリーを含めて長編10作品を、国内コンペティションでは、長編部門6作品、短編部門8作品を配信いたします。どの作品も厳正なる一次審査を経て、104の国・地域、1,084本のエントリー作品から選ばれた珠玉の作品です。
そして今年の国際コンペティション、審査委員長にはコメディアン、俳優として活動する一方で映画監督もこなすなど、マルチな才能が高く評価される竹中直人氏が着任! その他の審査員は昨年、「Help! The 映画配給会社プロジェクト」の立ち上げにも携わった、世界中の良作を日本に紹介し続ける独立系配給会社の雄、株式会社ザジフィルムズ代表取締役の志村大祐氏、インディーのアートハウス作品のみを扱うハイ・コンセプトのワールドセールス会社、Alpha Violet で共同代表を務める船戸慶子氏、映画業界誌「Variety」でアジア映画評論家チーフを務めるマギー・リー氏の 3 名が務めます。ノミネート作品は以上の 4 名による最終審査を経て、10 月 3 日(日)にグランプリをはじめ各賞を発表します。

2.関連作品を配信 !
シネマディスカバリーズでは、長編部門SKIPシティアワードを受賞した白石和彌監督作品『ロストパラダイス・イン・トーキョー』(2009年受賞)、中野量太監督作品『チチを撮りに』(2012年受賞)、まつむらしんご監督作品『ロマンス・ロード』(2013年受賞)を始め、2019年国内コンペティション(短編部門)優秀作品賞を受賞した宇津野達哉監督作品『遠い光』、2014年短編部門奨励賞を受賞した松本卓也監督作品『帰ろうYO!』など、本映画祭の過去の受賞作を多数配信します。

<SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2021 概要>
2004年に埼玉県川口市で始まった「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」は、国際コンペティション、国内コンペティション(長編部門、短編部門)で構成されるコンペティション上映を中心にした“若手映像クリエイターの登竜門”として毎年開催を重ねてきました。これまでに、『孤狼の血 LEVEL2』の白石和彌監督、『浅田家!』の中野量太監督、『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督、『岬の兄妹』の片山慎三監督など、トップランナーとして日本映画界をけん引する監督や、新作を心待ちにされる監督たちを多数輩出しています。

■会期:2021年9月25日(土)~10月3日(日) <9日間>
■上映:オンライン配信 (配信サイト:シネマディスカバリーズ)
■内容:国際コンペティション、国内コンペティション(長編部門、短編部門)
■主催:埼玉県、川口市、SKIPシティ国際映画祭実行委員会、特定非営利活動法人さいたま映像ボランティアの会
■公式サイト:www.skipcity-dcf.jp
■オンライン配信特設ページ: https://cinemadiscoveries.co.jp/pub/skipcity-dcf2021

・視聴環境:WEBブラウザ (PC、タブレット、スマートフォン等)
・視聴料金:
1. 単品購入
国際コンペティション、国内コンペティション(長編部門) 1作品300円(税込)
国内コンペティション(短編部門)   1作品100円(税込)
2. SKIPシティ映画祭見放題プラン   1,480円(税込)
・決済方法:各種クレジットカード
・視聴の手順:
1. シネマディスカバリーズでの会員登録(無料)
2. シネマディスカバリーズ公式サイト内 特設ページより作品の選択
3. 視聴プランの選択
4. ご視聴

<SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2021配信作品:ノミネート作品24本>
国際コンペティション10作品
『ケンザの瞳』/エチェ・ジャンガ監督
『シネマ・オブ・スリープ』/ジェフリー・セント・ジュールズ監督
『宴の日』/キム・ロッキョン監督
『国境を越えてキスをして!』/シレル・ペレグ監督
『ルッツ』/アレックス・カミレーリ監督
『鬼が笑う』/三野 龍一監督
『ミトラ』/カーウェ・モディ―リ監督
『ライバル』/マークス・レンツ監督
『この雨は止まない』/アリーナ・ゴルロヴァ監督
『野鳥観察員』/テレース・アナ監督

国内コンペティション 長編部門6作品
『バトルクライ』/谷中屋監督
『赫くなれば其れ』/猫目 はち監督
『夜を越える旅』/萱野 孝幸監督
『アリスの住人』/澤 佳一郎監督
『親子の河』/望月 葉子監督
『Song for Laurel』/羽蚋 拓未監督

国内コンペティション 短編部門8作品
『10センチの彼方』/松井 雅也監督
『一夜二糸』/齋藤 栄美監督
『カウンセラー』/酒井 善三監督
『冷めるのを、待っている』/佐藤 杏子、岡本 香音監督
『小山田喜久太郎』/江 沅庭監督
『ひびき』/川添 ビイラル監督
『OKAN』/村松 健太監督
『リトルサーカス』/逢坂 芳郎監督

<シネマディスカバリーズで視聴できる映画祭の過去作品>
白石和彌監督作品『ロストパラダイス・イン・トーキョー』/2009年SKIPシティアワード
中野量太監督作品『チチを撮りに』/2012年SKIPシティアワード
まつむらしんご監督作品『ロマンス・ロード』/2013年SKIPシティアワード
松本卓也監督作品『帰ろうYO!』/2014年奨励賞(短編部門)
大橋隆行監督作品『押し入れ女の幸福』/2014年最優秀作品賞(短編部門)
甲斐さやか監督作品『オンディーヌの呪い』/2015年奨励賞(短編部門)
石橋夕帆監督作品『ぼくらのさいご』/2015年 国内コンペ部門入選
森田博之監督作品『ラストラブレター』/2017 国内コンペ部門入選
松本優作監督作品『Noise ノイズ』 /2017 国内コンペ部門入選
宇津野達哉監督作品『遠い光』/2019年優秀作品賞(短編部門)
芳賀俊監督、鈴木祥監督作品『おろかもの』/2019 観客賞(長編部門)
二羽恵太監督作品『axandax』/2020 国内コンペ部門入選
塩野峻平監督作品『レイディオ』/2020 国内コンペ部門入選
※SKIPシティ映画祭見放題プランではご覧いただけません。

<シネマディスカバリーズについて>
キュレーション型の映画配信サービス。単品視聴200円~1,000円(税込)で、 映画祭で話題になった作品、ミニシアターで上映された作品などを中心にキュレーションされたエッジーなインディペンデント映画や名作を観ることができます。作品の特徴は、作家の自由な発想とこだわりに満ちた多様な価値観をもつ映画。作品のほかにも、作品レビュー、監督インタビュー、各種特集なども楽しめるサービスです。さらに、ライブ配信、映画祭のオンライン開催、映画館とのコラボイベントにも取り組んでいます。

<シネマディスカバリーズが目指すもの>
シネマディスカバリーズが発信していく映画は、新旧を問わず、自分らしい表現をしている制作者による、その人にしか作れない作品です。そうした作品に触れることで、多様な価値観、未知の世界を知る驚き、さらには人生観まで変えてしまう興奮する出会いがあります。
そしてシネマディスカバリーズは制作者も応援しています。その生き方や価値観、人柄や活動内容まで丁寧に伝えファンになってもらうことで、映画の制作支援につなげていきます。
今後は配信プラットフォームとして映画文化を支えるべく、全国の映画祭や業界団体、ミニシアターとの連携を強化し、また、業界を超えて多くの方々に協力いただきながらインディペンデント映画の普及を目指していきます。

<当社について>
(社名)シネマディスカバリーズ株式会社(所在地)東京都千代田区神田多町2-1神田東山ビル7F(設立)2019年12月(資本金)300万円(事業内容)コンテンツ配信プラットフォームの運営(代表取締役)福島亨(ふくしま・とおる)
※代表取締役の略歴:1976年生まれ。早稲田大学卒業後、CM制作会社勤務を経て2013年に株式会社ストライプアンプを設立。CMやネット動画の制作を行う。

<本サービスについて>
URL: https://cinemadiscoveries.co.jp
SNS: https://twitter.com/CINEMADISCOVER

お問合せ先 シネマディスカバリーズ株式会社 福島TEL:080-1113-7271
e-mail:customer@cinemadiscoveries.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング