1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

会議議事録AI「YOMEL」の要約機能が大幅アップデート。AIに指示ができる「カスタム要約」も可能に。

PR TIMES / 2023年11月27日 15時45分

~ 出社スタイル回帰と対面会議のDXへの高まる需要 ~

研究開発型のスタートアップとしてパーソナライズド音声認識AI「Olaris(オラリス)」等を運営するアーニーMLG株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役:橋本聡)は、会議議事録AI「YOMEL」における、要約機能が大幅にアップデートし、AIに指示ができる「カスタム要約」も可能になったことをお知らせいたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/66814/17/resize/d66814-17-28fe61d555dff431ff01-0.png ]

■会議議事録AI「YOMEL」サービスサイト:https://ai.yomel.co/gijiroku
 
「YOMEL」大幅アップデートの背景


これまでのYOMELでは、AIに完全に要約を任せるモードのみのご提供でした。
しかし今回のアップデートにより、要約を希望する特定のトピックスをAIに指示することで、そのトピックスに基づいた会議の要約が得られるようになりました。
一律のAIお任せ要約では、必要な内容が欠けたり、重要でない部分が多く含まれていたりと、要約の精度に課題があるケースもありました。しかし、この新機能によりユーザー自身が必要とする要約を指定して取得できるようになります。また、新たにAI校正という機能も追加されました。これまでは、音声認識によって誤字や脱字が入ってしまいがちでしたが、AIの校正によって、より正確な日本語の書き起こしが可能になりました。
 
アップデート内容について、詳しくは以下の動画をご参照ください。
 
■議事録AI YOMEL 要約機能アップデート
https://youtu.be/_J2pYYiditM?si=TRo5lDA6Q2cUdfbg
[画像2: https://prtimes.jp/i/66814/17/resize/d66814-17-f3e0e2fdc56f32b130db-1.png ]

会議議事録AI「YOMEL」について


YOMELは、社内外を問わず「会議」をよりスムーズにし、議事録作成の工数を削減できるサービスです。
大きな特徴として、使い方が非常にカンタンであることが挙げられます。YOMELのアプリケーションをインストールすると、デスクトップ上に小さな「YOMELボタン」が現れます。会議が始まった際にそのボタンをクリック、そして会議が終了したら再びクリック。これだけで日頃皆さまがご利用されているZoomやGoogleMeet、Teams、その他あらゆる会議システムでの会話を全て自動議事録します。もちろん、対面会議でも全ての参加者の声が自動的に聞き分けられ、議事録が作成されます。
 
■「YOMEL」の使い方 1分半解説動画:https://youtu.be/0G3vBk_6yEo
■会議議事録AI「YOMEL」サービスサイト:https://ai.yomel.co/gijiroku
 
会社概要


会社名 :アーニーMLG株式会社
所在地 :福岡県福岡市博多区博多駅東1-12-6 花村ビル7F-8F
代表者 :代表取締役 橋本 聡
設立  :令和元年10月23日
事業内容:AIの研究開発およびサービス運営
会社HP:https://ernie.co.jp/
サービス:
- パーソナライズド音声認識AI「Olaris」:https://olaris.jp/
- 会議議事録AI「YOMEL」:https://ai.yomel.co/gijiroku
- コールセンター業務改善AI「YOMEL for コールセンター」:https://ai.yomel.co/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください