NHK総合 4月19日(土)より放送 『ロング・グッドバイ』 映画「ジョゼと虎と魚たち」 NHK連続テレビ小説 「カーネーション」の 脚本家 渡辺あやが執筆!

PR TIMES / 2014年3月12日 13時51分

 NHKでは、土曜ドラマ『ロング・グッドバイ』を4月19日(土)より5週連続で放送を開始いたします。
 本ドラマは、ハードボイルド小説の名作と呼ばれる、レイモンド・チャンドラーの「ロング・グッドバイ」をドラマ化したもので、「真の友情とは何か。」「喪失と再生の時代の生き方」など、現代に通じる普遍的なテーマを極上のエンターテイメントでお届けします。




脚本を手掛けるのは、連続テレビ小説「カーネーション」や「ジョゼと虎と魚たち」「メゾン・ド・ヒミコ」などの脚本を執筆した渡辺あやです。また出演者は、これが連続ドラマ初主演となる浅野忠信をはじめ、綾野剛・小雪・古田新太・冨永愛・太田莉菜・柄本明など豪華キャストが揃っております。実力派スタッフと豪華キャストが本ドラマを盛り上げます。


■脚本家 渡辺あやさんについて(城谷厚司プロデューサーよりコメント)
企画の元をただせば、渡辺あやさんに原作を勧められて読んだのが最初です。一読してすっかりこの物語に魅了され、これを日本に置きかえるとしたらどんなヒーロー像が魅力的か、どの時代を舞台にするのが相応しいか、などあれこれ構想を練っていくのが楽しく、そのまま連続ドラマの企画に育っていきました。
この原作の魅力は、その緻密で大胆なストーリー展開だけでなく、人間描写の巧みさ、深さにあると思います。それが「ロング・グッドバイ」を文学作品たらしめているのですが、そうした登場人物の魅力を余すことなく描き切り、物語に普遍性を与え、かつ日本を舞台としたエンターテイメントして再構築できるのは渡辺あやさんをおいてほかにはいないと思いました。
渡辺あやさんとは「カーネーション」以来、二作目のドラマになります。「カーネーション」はある意味女性に対する応援歌でもあったのですが、この「ロング・グッドバイ」では主人公・増沢磐二の姿を通して、日々闘いながら生きている世の男性たちにエールを送りたいと思っています。


■「ロング・グッドバイ」について(渡辺あやさんよりコメント)
原作の主人公フィリップ・マーロウは、1950年代を生きるアメリカの中年男です。
ところが不思議なことに、彼にそなわる魅力や美質は、日本においても古くから尊ばれているようなものととても似ていて、増沢磐二として生まれ変わらせるのに、ほとんどなんの苦労も要しませんでした。本当の「カッコよさ」というのは、どの時代、どの国においてもわりと通じるものなのかもしれません。それがお金や地位ではかれるものではないことも、本人にとってはただ孤独で厳しい「道」の、その途中にあるにすぎないことも。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング