桧家住宅、新商品「青空リビング」発売開始

PR TIMES / 2012年3月16日 16時43分



 株式会社 桧家住宅は、2012年3月1日に開放的な屋上を有効活用する屋上庭園「青空リビング」の販売を開始した。

 都市部の計画では、十分な広さの庭を確保することが難しく、広さが確保できたとしても、道行く人や近所の人目が気になってくつろぐことができないなど、庭を十分に使いきることが難しいという現状があったことから、屋根の上に着目した商品を開発した。
これにより、敷地いっぱいに建物を計画しても2階の広さがそのまま「屋上」として活用可能となる。

 4つのプランで企画化することで使用資材を抑え、また年間1,500棟を超える住宅建築実績に基づく資材調達力で15坪時に98万円~という桧家住宅バリュー価格での提供を可能にした。


【プラン4種】
●スタンダードタイプ
土を使わないシンプルなドライタイプで、思い思いのアレンジにより趣味や娯楽など、どんな空間にも変幻自在。

●グリーンタイプ
天然芝で自由に走り回れるグリーンタイプで、お子様が裸足で遊んだり、ペットを自由に走らせることも可能。

●フラワーガーデンタイプ
植栽を配置したフラワーガーデンタイプで、小さな花々から大きな木々まで、四季折々の草木が癒す特別な空間。

●キッチンガーデンタイプ
季節の野菜や果物づくりを楽しむキッチンタイプで、家族で楽しむ土いじりはお子様の知的好奇心や創造力を育む情操教育に最適。自家製野菜を味わうBBQパーティなども可能。


【特徴】
●開放感
空をさえぎるものがないため、空を非常に近くに感じることができ、家に居ながらにして開放感のあるリゾート気分を味わえる。

●眺望
ベランダにはない屋上ならではの広い眺望で、360°のパノラマビューが目の前に広がる。

●プライバシー
庭園の周囲は屋根となっており、音も階下に響かない造りで、屋外でも人目が気にならずプライバシーが守られる。風通しが良く日差しも当たるため、洗濯物を乾かすのにも最適。

●安全
車が来ないので子供やペットが動き回っても心配ない。また、通常の庭と違い簡単に他人が入れないので家族のプライベート空間が守られる。

●低コスト
どなたでも気軽に屋上庭園を実現するため、資材調達力と資材の絞込みでコストパフォーマンスを発揮。


【オプション】
マグネット式ソーラーシステム
屋上に太陽光パネルを設置する際、ボルト等を用いず磁石を使用し設置する架台システム。
屋根に穴をあけることなく設置できるので屋根材を傷めず、雨漏りや腐食を防ぐ。
千葉県などの風の強い地域の約10倍の磁力と接着力を持ち、台風や地震などの自然災害にも十分 耐えられる構造となっている。
また、パネル1枚ごとに取りはずしもできるのでメンテナンス性にも優れる。


【商品概要】
発売日:2012年3月1日
商品名:屋上庭園「青空リビング」
本体価格:参考価格
スタンダードプラン 98万円 15坪(税込 102.9万円)
          48万円  5坪(税込 50.4万円) 
延床面積:16.5m2 (5坪)、33m2 (10坪)
     66m2 (20坪)、82.5m2 (25坪)対応
カラ―バリエーション:各プラン クールカラ―、ウォームカラ―の2種類


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング