静電容量方式および抵抗膜方式を高度にワンチップ化した 新たなXtrinsicタッチ・センシング・プラットフォーム

PR TIMES / 2012年1月12日 14時30分

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区下目黒1-8-1、代表取締役社長:ディビッド M. ユーゼ)は、抵抗膜方式によるジェスチャ認識および静電容量方式タッチ・センシング技術をワンチップ化した業界初のデバイスを発表しました。Xtrinsic(エクストリンシック)センシング・プラットフォームに新たに加わったこの製品は、制御パネル、ヒューマン・マシン・インタフェース(HMI)、従来のキーボードの代替、自動車、POS端末、電子署名認識機器、およびキオスク端末をはじめとするアプリケーションに最適です。

新たなXtrinsicタッチ・センシング・プラットフォームは、静電容量方式のタッチ機能に加えて、静電容量方式パネルの利用が困難な業務や環境に適した抵抗膜方式パネルのジェスチャ認識機能を備えています。抵抗膜方式のタッチ・パネルは、導入コストが低くて済むため、あらゆるアプリケーションでのユーザ・エクスペリエンスの向上においてすぐれたオプションです。更に、スライダー、ロータリー、2点検出マルチタッチによるズーミング等の複雑な検知も可能です。また、抵抗膜方式のパネルは、医療、気候、または安全上の理由から手袋の装着が必須である条件での代替手段として有効です。

Xtrinsicタッチ・センシング・プラットフォームは、フリースケールのReady Playソリューションのポートフォリオに属する製品も拡充します。Ready Playソリューションには認証済みのアプリケーション機能が統合されており、お客様はアプリケーションやシステムの機能を充実させながら開発コストの削減、設計サイクルの短縮、そして高いスケーラビリティを実現することができます。また、静電容量方式と抵抗膜方式の技術が1つのターンキー・デバイスに集積されるため、ソフトウェア開発コストの削減、ボード面積の縮小、および市場への製品投入の迅速化を達成した上で、さまざまな製品の機能の充実を図ることが可能です。

フリースケールのインダストリアル&マルチマーケット・マイクロコントローラ担当副社長であるジェフ・リースは、次のように述べています。「静電容量方式と抵抗膜方式を統合したフリースケールのXtrinsicタッチ・センシング・プラットフォームは、面倒なハードウェアやパネルの変更を伴わずにジェスチャ認識を実装できる初のデバイスです。お客様は、タッチ・センシング技術がこれまで導入されずにいた市場で、すぐに利用できる低コストのソリューションにより先進のユーザ・インタフェースを開発することが可能です。これは、モバイル・ヘルスケア・アプリケーション、自動車、ネットブック、およびスマート・モバイル機器に大きな影響を与えることでしょう。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング