ロゼッタストーンの新TV-CM。オンライン英会話プログラム「Rosetta Stone ReFLEX」〜主役の日本人女性マイコの意外な正体が…。ウェブサイトで配信中〜

PR TIMES / 2012年10月17日 18時7分



外国語トレーニングソフト 「Rosetta Stone(R)(ロゼッタストーン(R))」を販売するロゼッタストーン・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:塩濱 剛治/以下、ロゼッタストーン・ジャパン)は、2012年10月10日に正式販売を開始した最新のオンライン英会話プログラム「Rosetta Stone(R) ReFLEX(TM)」に関するTV-CMを制作し、10月中旬よりCS放送やトレインチャネルにて放映を開始します。地上波では年末頃に放映開始予定です。また、本日10月17日(水)よりウェブサイト(URL: http://www.youtube.com/rosettastonejapan )でも配信します。

以前から好評を得ている、魚屋さんの男性を主役とした「Rosetta Stone TOTALe」製品のTV-CM 「この男、ロゼッタ人。」シリーズから一変し、今回は20代の日本人女性が主役を演じます。ロゼッタストーンが日本人向けに開発した、全く新しいオンライン英会話プログラム「Rosetta Stone ReFLEX」製品の魅力的な機能である「24時間、予約不要、毎日おうちでマンツーマンレッスン」を広く訴求します。ロゼッタストーン・ジャパンでは、今回の新TV-CM放映により、新製品への理解促進および「ロゼッタストーン」ブランドの更なる活性化を図ります。

【新TV-CM概要】
CM ストーリー
ある休日、おしゃれなインテリアに囲まれた和室。普段着姿の20代女性がパソコンの画面を見ながらアメリカ人のネイティブコーチと英語を話している。毎日好きな時間におうちでマンツーマンレッスンが受けられる「Rosetta Stone ReFLEX」を通じて、楽しそうに会話トレーニング。今日は道案内のシーン。日本人が苦手とする「R」と「L」の発音練習もバッチリ。その後、シーンが変わり、実際に流暢な英語で外国人観光客に話しかける、彼女の意外な正体が明らかに。

撮影エピソード
脚色をつけず、自然に楽しく英会話のトレーニングをしているリアルな姿を描きたいという演出のこだわりから、3台のカメラを使って、女性の躍動感あふれる表情を様々な角度から撮影。主役を演じた女性は元々英会話に興味があるということで、今回の英語の台詞もスムーズ。ネイティブコーチ役のアメリカ人女性に「Straight」や「Left」の丁寧な発音指導を受けて、よりネイティブな発音に!?舞妓のシーン撮影時には、現場にいた観光客から本物の舞妓と思われ、声をかけられたという場面も。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング