舞台『走れメロス』 公演スタート 大好評上演中

PR TIMES / 2012年9月10日 17時58分



河村隆一・諸星和己・鈴木亜美など、超人気スターが大競演の舞台、『走れメロス』が、9月8日(土)に、東京・渋谷Bunkamuraのオーチャードホールにて幕を開けた。
今回のこの舞台は、河村隆一が、このために音楽すべてを書き下ろしたという大作。
諸星を始め、鈴木やもちろん、河村自身も、劇中でその歌声を披露するミュージカルである。
 
ストーリーは、諸星演じる、辻島衆二に井伏鱒二から、「太宰君が亡くなった。自殺だそうだ。」という一本の電話から始まる。

幻想的なセットと、太宰が生きた時代に活躍した有名作家が、次々と登場するストーリーに、今回河村が奏でるのは、もの悲しくも美しいメロディー。

また、特に、諸星の深く伸びる美声は、今回の舞台では、絶対に見逃せない見どころとなる。

この、舞台『走れメロス』。
東京での公演は、9月11日(火)までだが、9月21日(水)からの愛知県・名古屋の中日劇場、9月28日(金)からは、大阪・イオン化粧品シアターBRAVA!へと続く。

各所どの劇場でも、一度来場した方々への、リピーターズチケットを販売することも決定した。
劇場内のみでの販売となるが、チケットの半券を提示すると、半額で購入することができる。

ただし、東京・名古屋・大阪と、各公演チケットはその劇場のみでの販売となるが、東京公演のチケットの半券の提示でも、名古屋・大阪公演のチケットは来入可能であるが、満員の場合は、購入できなくなるので、ご注下さい。


出演:河村隆一・諸星和己・鈴木亜美・IZAM・玉置成実・大澄賢也ほか
原作:太宰治
脚本・演出:西田大輔
音楽監督:河村隆一
振付・監修:大澄賢也


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング