ロスアラモス国立研究所、研究者によるペタスケールの共同作業支援のため、DataDirect Networks のハイパフォーマンス・ストレージを選択

PR TIMES / 2013年11月18日 11時10分

DDN が拡張性、スループット、さらに信頼性において既存、および将来のクラスター需要も満たす、全サイト用ファイルシステムを国立研究所が推進するコンピューティング・リソース提供プロジェクトのために提供

ロスアラモス国立研究所 (LANL) は、未分類で広範囲な共同研究を包括する LANL コンピューティング・リソース提供プロジェクトを支援するために、DataDirect Networks (DDN) のハイパフォーマンス・ストレージを選びました。



Santa Clara, Calif. - November 11, 2013 (米国での発表日)

ニュース
・ ロスアラモス国立研究所 (LANL) は、生物学、地球科学、物理学、海洋および宇宙論を含む、未分類で広範囲な共同研究を包括する LANL コンピューティング・リソース提供プロジェクトを支援するために、DataDirect Networks (DDN) のハイパフォーマンス・ストレージを選びました。

・ すべての LANL の科学者、エンジニアおよび世界中の研究者仲間に、ハイパフォーマンス・コンピューティング・リソースを公開し等しくアクセスできるようにするという、プロジェクトのミッションを成し遂げるには、LANL には、7万近くのコンピューティング・コアと1ペタフロップ以上の処理能力が必要です。

・ LANL のコンピューティングにおける既存および将来のクラスター・アーキテクチャをサポート可能にすると同時に、多くの専門分野にわたるアプリケーション・シミュレーション用の環境を強化するため、LANL は、高いスループットでスケーラブル、かつ信頼できる、単一でサイト全体にサービスを提供できる最高峰のシステムを求めました。

・ LANL は、4.3 PBs のストレージ容量と、Lustre ファイルシステム上の毎秒 40 GBの I/O パフォーマンス上で、11 の独立したコンピューティング・クラスタの実行を行うという数値演算要求を満たした、ハイパフォーマンス・ストレージ DDN(TM) Storage Fusion Architecture(R) (SFA) と DDN のファイルシステム・アプライアンス EXAScaler(TM) Lustre(R) を選択しました。

・ DDN は現在、世界最速 100 スーパー・コンピューターの3分の2以上のシステムで使用されています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング