法政大学キャリアデザイン学部の人気授業第2弾が、オンライン学習サービス「schoo(スクー)」で無料開放

PR TIMES / 2014年9月5日 10時33分

生放送でオンライン参加できる「著名人のキャリアインタビュー」をはじめ、 人気授業シリーズが9月17日よりスタート

2014年6月にコンテンツ提携を開始したインターネット生放送を活用したコミュニケーション型動画学習サービス「schoo WEB-campus」を運営する株式会社スクー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:森健志郎、以下スクー)と、法政大学キャリアデザイン学部(東京都千代田区、学部長:金山喜昭)は、大学受験を控える地方高校生から企業人事まで、幅広い受講生の注目を集めた第一弾の反響を受け、第二弾の開講を決定しました。「著名人のキャリアインタビュー」授業をはじめ、同学の人気授業を2014 年9月よりオンライン上で無料開放します。



■ オンライン上で無料開放された法政大学授業の反響
10代から60代まで幅広い年代の受講者を集めた授業だが、生放送中には地方在住の高校生から自分のキャリア形成に関する質問がぶつけられる場面もあった。「この授業を受けるまで、大学がどんなことを勉強しているのか?全然知らなかった」という声もあり、高校生の大学に対する興味と、実際の認識の差を埋める手段にもなった。

また「年齢別受講環境」のデータを見ると、10代の受講者のうちPCで受講した学生は33%、その倍以上の67%の学生がスマートフォン又はタブレット端末で法政大学のオンライン授業を受講しており、今後も高校生へ向けたインターネット学習コンテンツはスマートフォン又はタブレット端末を主とするアプローチが有効的だという実証が、今回の第二弾カリキュラムの開講に繋がった。

■ 今回のコンテンツ連携の概要
インターネット生放送を活用した、双方向の学習体験をつくることができる「schoo(スクー)」上にて、第二弾として追加開講されるのは、著名人が毎回ゲストとして参加して公開取材を行う「キャリアインタビュー(全6回)」、自分を取り巻く業界やビジネスを理解することで“働き方”を再考する「サービス・ビジネスのキャリアデザイン(全3回)」、キャリア教育をどう理解し推進するかを学ぶ「キャリア教育のウソとホント(全2回)」の3科目。

スクーが2年間のオンライン動画学習サービスを運営したことで蓄積してきた「インターネットで学習体験を最大化するノウハウ」と、法政大学が蓄積してきた「キャリアデザインの技術」を合わせ、『オンラインだからこそできる新しいキャリアデザインの 講義・ワークショップ』を実施する。また「schoo(スクー)」ではこれまでに東京大学や関西学院大学などともコンテンツ提携を行っており、今後の新たな取組みにも期待を寄せる。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング