キャンピングカーの装備の人気調査

PR TIMES / 2014年8月4日 12時27分

~オーソドックスな装備が主流~

当協会では、このほどキャンピングカーに搭載される装備品に関して、ユーザーが何を便利と思っているか、またそれらの装備品をどのように使っているかを調査しました。それによると、暖房機のFFヒーターや冷蔵庫、トイレなどが人気を集めていることが明らかになりました。また蓄電システムとして重要なサブバッテリーについては2個以上搭載している人が7割近くいることも分かりました。



■ キャンピングカーにも家庭用エアコンが普及中

 日本の夏は、ますます高温多湿化傾向を強めていますが、その影響はキャンピングカー泊にも波及してきて、エアコンへの需要が高まっています。当協会ではエアコンをはじめ、キャンピングカーに搭載される装備の中で、ユーザーが何を一番便利だと感じているのか、またどのような使い方をしているのかを調査しました。
 まずキャンピングカーに搭載されるエアコンですが、これは大きく分けて2種類あり、既存の車載専用のエアコンのほか、近年は一般家庭で使われるセパレートエアコンがだいぶ普及するようになりました。ユーザーたちは、はたしてどのようなエアコンを使っているのか、それを調べてみました。
 その結果、「室内用のエアコンは搭載していないが、暑いときはベース車のエアコンを回す」という回答が37.3%を占めてトップとなりました。

 やはり、エアコンそのものがまだ高価であるということと、近年は車体の小さいキャンピングカーもだいぶ普及するようになって、ベース車に付いているエアコンだけでも冷房機能をまかない切れるという事情が反映しているのかもしれません。ただ、ベース車のエアコンを停車中にも使い続けるというのは、アイドリングの騒音や排ガスの関係上若干の問題を残しそうです。
 一方、室内エアコン(ルームクーラー)を搭載している人たちの回答では、最近普及してきた家庭用セパレートエアコンを使っている人が約20%、キャンピングカー専用の車載エアコンを使っている人が約16%という結果になりました。
 キャンピングカーに家庭用エアコンが普及してきたのは、5~6年ほど前になりますが、室外機を別に設定するという取り付け上の手間を考慮しても省エネ効果が図られるために、その勢いがどんどん伸びています。
 しかしながら、「ルームエアコンの必要性を感じていない」と答えた人も15%ほどいました。

■ 暖房機器、冷蔵庫、トイレが人気装備の上位三つを占める

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング