『かごしまアートフェスタ2013』(9月26日~9月29日)にて、 新作「追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして分割された視点 (unfinished)」を発表

PR TIMES / 2013年9月20日 10時50分

かごしま県民交流センター(鹿児島)にて、『かごしまアートフェスタ2013』展が開催。チームラボは新作デジタルアート作品「追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして分割された視点 (unfinished)」を発表するほか、計4作品を展示。2013年9月26日(木)~9月29日(日)まで。



かごしま県民交流センター(鹿児島)にて、『かごしまアートフェスタ2013』展を開催。チームラボは新作デジタルアート作品「追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして分割された視点 (unfinished)」を発表。その他、「花紅」、「百年海図巻 アニメーションのジオラマ」、「メディアブロックチェア」を展示します。期間は2013年9月26日(木)~9月29日(日)まで。

なお、26日(木)に行われるオープニングセレモニー(大ホール)では、霧島アートの森館長・河口洋一郎氏とチームラボ猪子のトークショーを実施します。(入場無料)


▼出品作品
≪追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして分割された視点 (unfinished)≫
チームラボ, 2013, デジタルインスタレーション, 尺は確認中, 音楽:高橋英明
7画面を立体的に配置したデジタルインスタレーション。
コンピュータ上の3次元空間に立体的に構築した世界を、チームラボが考える日本の先人達の空間認識の論理構造(我々は、超主観空間と呼んでいる)によって、映像化している。
墨の八咫烏が空間を飛び回り、その軌跡が墨跡となり空書を描いている。

日本のアニメが生んだ特異な表現、アニメーター板野一郎によって確立された「板野サーカス」。画面いっぱいに埋め尽くすミサイル群が、全く正しくないパースペクティブで描かれた(より人間がダイナミックさや迫力を感じるようにデフォルメされて描かれた)空間を乱れ飛ぶさまを、超高速のカメラワークによる視点の回り込み演出による映像美であるとされる。

本作品は、板野サーカスをオマージュし、2次元のアニメーションで行われていた空間のデフォルメを3次元空間で再現することによって、日本のアニメーター達が生んだデフォルメされた空間とは、どのような空間認識の論理構造であるか、それらは、伝統的な日本の空間認識の連続性の中にあるのではないかという仮説の模索である。そして、デフォルメされた空間を3次元空間で再現することによって、自由に視点を広げ、実際の空間に再構築することを試みている。そして、視点を分割し、分割された視点を立体的に配置することによって、どのような体験になるかという実験でもある。
http://www.team-lab.net/all/pickup/crows_dark.html

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング