ミラノ・デザイン・ウィーク2014 アルカンターラ・カレイドスコープ

PR TIMES / 2014年4月9日 19時10分

デザイナー・佐藤オオキ氏、デザインオフィスnendoがイラストレーション作品を発表



【伊・ミラノ発】イタリアの高級カバーリング素材メーカーであるアルカンターラ社は、ミラノ市内で開催中のフォーリ・サローネ(伊語で会場外のイベントの意味)・ミラノ・デザイン・ウィーク(開催期間:2014年4月8日~13日、開催地:ミラノ市 Superstudio)にて、「アルカンターラ・カレイドスコープ(万華鏡)」と題したイベントを開催しています。

今回のイベントで注目を浴びているのは、デザイナー・佐藤オオキ氏が率いるデザインオフィスnendo(業界で数々の賞を獲得しているデザイン会社)のインスタレーション作品「Conic Vine」です。イベント会場Superstudio で展示されており、訪れた人々は、アルカンターラの表現力あふれる独創的な発見を体感しています。

アルカンターラ社会長兼CEOのアンドレア・ボラーニョは次のように述べています。「アルカンターラの表現力の可能性は無限です。この素材はまったく他に類を見ないもので、イタリアの職人技と高度なテクノロジの組み合わせが生んだ成果だからです。素材本来の特性によって顧客のあらゆる要求を満たすだけでなく、創作の世界がもたらすきわめて高度な課題にも堂々と応えることができるのです。今回nendoのインスタレーション作品はその一例と言えます。」

nendoの芸術的なビジョンは、微妙な色使いから着想された柔軟なアルカンターラ素材による植物のつるのようなウォールです。薄い素材で作られたコーンの形がロマンチックに積み重ねられています。この作品はアルカンターラ素材本来の美的・感覚的性質を強調するとともに、機能的特性にもスポットライトをあてています。作者の佐藤オオキ氏はこう語っています。「このインスタレーション作品の強さと美しさは、すべてこのために使ったアルカンターラだから。熱圧着したコーンが唯一の構造要素であり、その素材本来がもつグリップ性によりお互いがつながっています。」(英文からの翻訳)。

現代デザインの旗手のビジョンあふれる才能から、柔らかいダブグレイとパステルカラーのスクリーンで観衆を引き込み魅了するインスタレーション作品が生まれました。アルカンターラ素材は今、新しい形態、新しい色のインテリア・アイテムに姿を変えています。新しい柔らかな素材が、洗練された現代のインテリアにいっそう細やかなタッチを加えているのです。大きなスペースを区切りたい、あるいは家の一角を独創的なエレガンスさで飾りたい時には理想的なソリューションです。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング