三越伊勢丹 JAPAN SENSES(ジャパン センスィズ)  会期:4月1日(火)~15日(火) 

PR TIMES / 2014年3月20日 18時27分

地方・地域との取り組みを強化することで、ものづくりを通じた日本の良さを改めてご提案していきます。

三越伊勢丹は、日本の伝統や技術が宿るモノ・コト・ヒトを百貨店という場を通じてお客さまにご紹介し、世界に通用する日本の良さを魅力的にわかりやすくお伝えすることで、新しい価値として再認識していただき、日本を元気にしていきたいと考えています。この取り組みは「ジャパン センスィズ」 と題して2011年からスタートし、伊勢丹新宿本店、三越日本橋本店、三越銀座店において、各シーズンごとに全館キャンペーンとして継続して実施しています。 2014年度最初のジャパン・センスィズのテーマは、「思いやり、優しさ」。地方・地域との取り組みを強化することで、ものづくりを通じた日本の良さを改めてご提案していきます。
会場:伊勢丹新宿本店、三越日本橋本店、三越銀座店



■伊勢丹新宿本店
新宿のお客さまの関心の高い世界レベルのクリエーションを実現!

「あおもり藍」
会期:4月1日(火)~7日(月) 会場:本館7階催物場
会期:4月8日(水)~15日(火) 会場:メンズ館各階

近年、藍染めの産地として注目を集めている青森県。そこで作られる「あおもり藍」の天然染料は、県内で栽培される、農薬を使用せずに育てた藍葉を原料に、独自の手法で生産されています。注目されているのは、その特徴でもある鮮やかな色合いと、抗菌や防臭といった機能性。今回、その「あおもり藍」を世界で活躍するデザイナー、クリエーターが自らのクリエーションに取り入れ、新たなファッション提案を行いました。参加ブランドは総勢30以上。デニムパンツをはじめ、ブルゾンやシャツなどのウェアから、ストールやシューズ、バッグまで多岐にわたるラインナップです。

「富宏染工の京友禅」
会期:4月1日(火)~15日(火) 会場:本館各階

江戸時代に生まれた伝統工芸、京友禅。その技術を継承すべく1956年に創業した富宏染工は、企画からデザイン、製造までを一貫して手掛ける柔軟性で、着物をはじめとした様々な商品製作に取り組んでいます。そんな富宏染工が誇る技術は手描き友禅。独自に開発した染料を用い、細部まで刷毛で染色することで生地への浸透を高め、深みと奥行きのある色彩表現を可能にしています。今回の取り組みは、国内外で活躍するクリエーターの感性とその技術を掛け合わせた、独自性の高い新たな試みです。

■三越日本橋本店
日本橋のお客さまの関心の高い「季節感」「ブランド」「文化」「趣味」を切り口に、大人が楽しめる文化度の高い商品をご提案!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング