資生堂ジャパン CMOの音部大輔氏がクロージングキーノートに登壇! 第2回 英語しばりカンファレンス「アドテック東京インターナショナル(8/23開催)」

PR TIMES / 2016年7月25日 18時33分

キーノート、公式セッションの登壇者やテーマも続々決定!

マーケティングの国際カンファレンスを多数企画・実施しているコムエクスポジアム・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:武富正人)が2016年8月23日(火)、東京・紀尾井町の上智大学 四谷キャンパスにて実施する、「ad:tech tokyo international(以下、アドテック東京インターナショナル)」のキーノートセッション、公式スピーカーが続々決定。クロージングキーノートには、資生堂ジャパン CMOの音部大輔氏が登壇する。



アドテック東京インターナショナルは、日本のさらなるグローバル化を視野に2015年よりスタート。 海外からのゲストスピーカーはもちろん、登壇する日本人スピーカーもすべて英語でセッションを行うことが大きな特徴。今回、クロージングキーノートに、株式会社資生堂ジャパン 音部大輔氏の登壇が決定した。公式セッションは、「Globalization(グローバリゼーション)」「Asia/Localization(アジア)」「Japan/Localization(日本)」の3つに分かれている。グローバルな市場において企業がどのようなマーケティングを実施しているのか、今後もさらなる成長が見込まれるアジアの市場を見据えたマーケティングについて、そして「日本」というマーケットを世界から見た時、どのような特徴があるのか、に関する最新情報を得られる。また、ネットワーキングパーティーを通じて、参加者・スピーカーとのコミュニケーションを深める場にもなる。

■Keynote Speaker
◯Closing Keynote :
[画像1: http://prtimes.jp/i/13647/18/resize/d13647-18-783642-0.jpg ]



Session Title: The Keys to Mastering Marketing Strategy Today
Daisuke Otobe
Shiseido Japan Co.,Ltd. Chief Marketing Officer

Profile:1992 Joined P&G, working for Ariel, Febereze, Attento, etc. Transferred to central team in HQ(USA) 2009 Directed and
developed Marketing department at Danone and Unilever 2015 Chief Marketing Officer at Shiseido Japan, leading Brand Management and development of Marketing Organization. DBA at Kobe university

音部大輔
資生堂ジャパン株式会社 CMO
1992年、P&G入社。アリエール、ファブリーズ、アテントなどを経てUS本社セントラルチームへ。 2009年より、ダノン、ユニリーバなどでマーケティング部門を指揮・育成。 2015年、資生堂入社。資生堂ジャパン(株)のCMO(チーフマーケティングオフィサー)。同社のブランド・マネジメントとマーケティング組織育成を指揮する。 博士(経営学 神戸大学)

◯Opening Keynote
[画像2: http://prtimes.jp/i/13647/18/resize/d13647-18-216456-2.jpg ]



Session Title:Winning in the digital economy in China
Jane Lin-Baden
Isobar CEO, Isobar Asia Pacific

Summary: The magnitude, agility and dynamic of China’s economy has produced a powerful by-product: digital maturity. Digital in China is no longer a channel of communication, but the blood of a new form of economy and accelerator of transformation
 of brand and commerce. In her keynote speech, Jane will share the key drivers of the digital economy in China and implications to create winning brand commerce strategy.
ad:tech tokyo international

■各トラックテーマとセッションのテーマ
Track A「Globalization(グローバリゼーション)」
[A-1] What Is Global Marketing? -Strategic Issues
[A-2] The hottest Global ad-tech Trends
[A-3] Effective Marketing Ideas for Startups and New Products
[A-4] Inbound Marketing : How can we achieve 30 million travelers towards 2020?
[A-5] Marketing Strategies for the Future

Track B「Asia/Localization(アジア)」
[B-1] Programmatic Advertising Market in APA
[B-2] Mastering the latest digital marketing in China
[B-3] Mastering the latest digital marketing in India
[B-4] Digital Marketing Trends for South East Asia
[B-5] The latest innovative technology coming out of Asia

Track C「Japan/Localization(日本)」
[C-1] How marketing method differs between Japan and the rest of the world
[C-2] Marketer’s Challenge:Japanese product/service going Asia, Global
[C-3] Introduction of Japanese ad-tech Chaos Map
[C-4] Case Study: successful direct marketing campaign
[C-5] Editor-in-Chief’s Talk : The Latest Media Content Market in Japan

詳細についてはウェブサイトのプログラムを参照
プログラム: http://international.adtech-tokyo.com/program/

■ad:tech tokyo international開催概要
[画像3: http://prtimes.jp/i/13647/18/resize/d13647-18-495256-1.jpg ]

日程:2015年8月23日(火) 9:00~20:30
会場:上智大学 四谷キャンパス 2号館 4F(東京都千代田区紀尾井町 7-1)
プログラム:基調講演、公式カンファレンスセッション、ネットワーキングパーティーなど
公式サイト: http://international.adtech-tokyo.com/

■ad:tech について
→アドテックは世界の主要都市で開催される国際マーケティングカンファレンス。広告主、エージェンシー、ソリューションプロバイダー、メディアなど、各ジャンルのマーケターが集まる。日本では2009年にad:tech tokyoを初開催し、2016年は9月20日~21日で開催。今年で8回目を迎える。2015年は、全セッションを英語で行う「アドテック東京インターナショナル」を初開催。世界各国からスピーカーが集まるとともに、日本から世界に対して新たな形で情報発信するカンファレンスとして好評を博した。

■連絡先(カンファレンス取材・カンファレンス参加のお問い合わせなど)
 コムエクスポジアム・ジャパン株式会社   担当:中澤 
 Mail: adtech@comexposium-jp.com 
 東京都港区六本木6-15-1けやき坂テラス601 TEL:03-5414-5430

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング