女優・戸田恵梨香さんが主演するアキュビュー(R) 新CM第二弾、5月1日(火)放映開始

PR TIMES / 2018年4月27日 14時1分

キャンペーンソングにスキマスイッチ書き下ろし楽曲「未来花(ミライカ)」採用 同楽曲のバンドサウンドバージョンも同時公開

「目の健康」を大切にする使い捨てコンタクトレンズ「アキュビュー(R) 」を提供する、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニー(本社:東京都千代田区 代表取締役プレジデント:海老原 育子)は、新CM「やっぱ裸眼」篇/「夕暮れの太陽」篇を、5月1日(火)から放映開始します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/19830/18/resize/d19830-18-502702-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/19830/18/resize/d19830-18-459512-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/19830/18/resize/d19830-18-661955-2.jpg ]

新CM「やっぱ裸眼」篇/「夕暮れの太陽」篇は、3月に公開した「春は夕暮れ」篇の続篇です。数多くの人気映画やドラマへの出演で知られる女優・戸田恵梨香さん演じる姉、注目を集めている若手女優・久保田紗友さん演じる妹を中心に、アキュビュー(R) から始まる小さな変化の物語となっています。

両篇とも、これまでとは違う自分を探すため、姉妹が沖縄在住の叔母(女優・渡辺真起子さん)と従姉妹(女優・鎌田らい樹さん)を訪ねるエピソードです。「春は夕暮れ」篇では妹役の久保田紗友さんを中心に描いていたのに対し、「やっぱ裸眼」篇/「夕暮れの太陽」篇では姉役の戸田恵梨香さんにフォーカスしています。天真爛漫な性格で、消極的な妹から「羨ましい」とさえ思われている一方、夕方になると長時間のコンタクトレンズ装用によるストレスで、大切な彼に対して思わずあたってしまう姉。そんな彼女が、摩擦ゼロのなめらかさ※1で夜まで裸眼のようなつけ心地が続く※2アキュビュー(R) に出会います。夕方でも“太陽”のように明るいまま、彼とも穏やかな時間が過ごせるようになった変化を描いています。

※1 裸眼と同等の摩擦係数
※2 装用感には個人差があります

新CMをはじめ、今回のキャンペーンでは幅広い世代から共感を得るアーティスト、スキマスイッチ書き下ろし楽曲「未来花(ミライカ)」を採用しています。大切な人との愛の絆を歌った心温まるバラードソングとなっており、アキュビュー(R) の世界観に寄り添って映像を盛り上げています。「未来花(ミライカ)」が収録されたアルバム「新空間アルゴリズム」は、オリコン株式会社の「デイリーアルバムランキング(2018年3月13日付)」で1位を獲得しました。

新CMは、5月1日(火)から放映するテレビCM(15秒/30秒)と、これに先駆けて4月27日(金)からアキュビュー(R) 公式WEBサイトやSNSで展開するショートムービーの2バージョンで展開します。また、ショートムービーと同時に、今回姉妹が沖縄を訪問するエピソードの総括ムービーとなる「変わる変われば変わるとき」篇も公開します。テレビCM(30秒)および「変わる変われば変わるとき」篇では、「ボーカル+ピアノ」のみのキャンペーンソング「未来花(ミライカ)」を、ドラムやベースも加えて厚みのあるバンドサウンドにアレンジしたバージョンをお楽しみいただけます。

<CM概要>
■TVCM
タイトル:「やっぱ裸眼」篇 15秒/30秒
放映期間:2018年5月1日(火)~
放映エリア:関東・関西・中京エリアほか
URL:(15秒ver.) https://www.youtube.com/watch?v=cyYFpl4-zxI
[動画1: https://www.youtube.com/watch?v=cyYFpl4-zxI ]

 
  (30秒ver.) https://www.youtube.com/watch?v=gcbR29NwO3s
[動画2: https://www.youtube.com/watch?v=gcbR29NwO3s ]



■WEB・SNS
<ショートムービー>
タイトル:「夕暮れの太陽」篇
URL: https://www.youtube.com/watch?v=8HO6lL0MmPM
[動画3: https://www.youtube.com/watch?v=8HO6lL0MmPM ]



<総括ムービー>
タイトル:「変わる変われば変わるとき」篇
公開期間:2018年4月27日(金)~
URL: https://www.youtube.com/watch?v=v4rE_yer50w&t=2s
[動画4: https://www.youtube.com/watch?v=v4rE_yer50w&t=2s ]



<楽曲提供アーティスト>
【スキマスイッチ】
大橋卓弥(おおはしたくや)、常田真太郎(ときたしんたろう)のソングライター2人からなるユニット。2003年「view」でデビュー。大橋の温かく包み込むような独特の歌声、それを支える常田の卓越したサウンドクリエイトで「奏(かなで)」「全力少年」 など、ヒット曲を次々と生み出す。2013年7月9日にはデビュー満10周年を迎え、8月21日に初のオールタイム・ベストアルバム「POPMAN’S WORLD~All Time Best 2003-2013~」をリリース。2017年2月、彼らが敬愛する12組のアーティストをプロデューサーに迎え制作された、リアレンジ・リプロデュースアルバム「re:Action」をリリースし、同企画に参加したアーティストとの対バンツアーも敢行。そのツアー中に発表された25thシングル「ミスターカイト / リチェルカ」を9月に発売。デビュー15周年を迎える2018年、いよいよ待望の7thアルバム「新空間アルゴリズム」を3月14日に発売し、4月からは、全国ツアー「 SUKIMASWITCH TOUR 2018 “ALGOrhythm” 」 で全国27箇所34公演を回る。

<CMストーリー>
天真爛漫で自由人な姉 (戸田恵梨香さん)。引っ込み思案な妹(久保田紗友さん)が憧れるほど闊達でわかりやすい性格だが、夕方になるとコンタクトレンズのストレスで不機嫌になってしまう。
結婚を間近に控えた彼とデートの日。コンタクトレンズによるストレスと、式場を見に行くと約束していた日に、フットサルの試合が入りそうという彼の一言で、思わず「はぁ?」ときつくあたってしまい、彼との関係がギクシャクする。
「今週末、ヨーコ叔母さんのとこ行ってくる。」
悩んだときにヒントをくれる沖縄の叔母(渡辺真起子さん)に会えば、自分を変えるきっかけになるかもしれないと、妹と一緒に沖縄の叔母のもとを訪ねる。
沖縄の白い砂浜で何かを考えるように青く澄んだ海を見つめる姉。帰り道、彼とどう仲直りしたらよいか叔母からアドバイスをもらう。
シーサーの顔真似をし「こないだはごめんね。」という手書きのメッセージをつけた写真を彼にメールで送る。
東京に戻り、夕陽が美しい場所で彼とデートする姉。アキュビュー(R) に出会い、夜まで続く裸眼のようなつけ心地※2を得て、穏やかな時間の中、キレイな夕陽を眺めながら二人はそっと手をつなぐ。

------------------------------------------------------------------------------
上記ストーリーは、WEBやSNSで展開するショートムービーの内容です。テレビCMはショートムービーの抜粋版で、摩擦ゼロのなめらかさ※1で裸眼に近づいた※2アキュビュー(R) の機能性にフォーカスした内容になっています。ショートムービーのストーリーボードは次項目に記載しています。
------------------------------------------------------------------------------
※1 裸眼と同等の摩擦係数
※2 装用感には個人差があります

<ストーリーボード>
1.
妹NA:ちゅう姉ちゃんは、わかりやすい。すぐ顔に出るしある意味羨ましい。

[画像4: https://prtimes.jp/i/19830/18/resize/d19830-18-502702-0.jpg ]

2.
でも夕方になると…こうなります。

[画像5: https://prtimes.jp/i/19830/18/resize/d19830-18-311742-4.jpg ]

3.
姉:「今週末、ヨーコ叔母さんのとこ行ってくる。」

[画像6: https://prtimes.jp/i/19830/18/resize/d19830-18-798461-5.jpg ]

4.
妹NA:ちゅう姉ちゃんは探してるんだと思う。

[画像7: https://prtimes.jp/i/19830/18/resize/d19830-18-255334-6.jpg ]

5.
これまでとは違う自分を。

[画像8: https://prtimes.jp/i/19830/18/resize/d19830-18-440422-7.jpg ]

6.

[画像9: https://prtimes.jp/i/19830/18/resize/d19830-18-459512-1.jpg ]

7.
姉:「なんか謝るタイミングがわかんなくってさ…どうしよ」

[画像10: https://prtimes.jp/i/19830/18/resize/d19830-18-779229-8.jpg ]

8.
叔母:「シーサーの顔真似でもしてさ、ゴメンってメール送ったら?」

[画像11: https://prtimes.jp/i/19830/18/resize/d19830-18-985568-9.jpg ]

9.

[画像12: https://prtimes.jp/i/19830/18/resize/d19830-18-937517-10.jpg ]

10.
妹NA:成功したね。

[画像13: https://prtimes.jp/i/19830/18/resize/d19830-18-153474-11.jpg ]

11.

[画像14: https://prtimes.jp/i/19830/18/resize/d19830-18-453046-12.jpg ]

12.
妹NA:あ、ちゅう姉ちゃん 夕方なのにイライラしてない。

[画像15: https://prtimes.jp/i/19830/18/resize/d19830-18-133754-13.jpg ]

13.
コピー:“アキュビューって、顔に出る”

[画像16: https://prtimes.jp/i/19830/18/resize/d19830-18-311445-14.jpg ]

14.
NA:アキュビュー(R)

[画像17: https://prtimes.jp/i/19830/18/resize/d19830-18-981558-15.jpg ]

15.

[画像18: https://prtimes.jp/i/19830/18/resize/d19830-18-567317-16.jpg ]

<出演者プロフィール>
戸田 恵梨香さん
生年月日: 1988年8月17日
出身地: 兵庫県
[画像19: https://prtimes.jp/i/19830/18/resize/d19830-18-944408-17.jpg ]


「エンジン」(2005年/CX)、「野ブタ。をプロデュース」(2005年/NTV)で注目を浴びる。「DEATH NOTE デスノート」2部作(2006年)で映画デビューを飾り、圧倒的な人気を獲得。近年では「LIAR GAME」シリーズ(2007/2009/2010年)、「SPEC」シリーズ(2010/2012/2013年)を大ヒットに導いた。その他の出演作は、「駆込み女と駆出し男」(2015年)、「エイプリルフールズ」(2015年)、「リバース」(2017/TBS)「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」シリーズ(2008/2010/2017年)など多数。4月スタートの連続ドラマ「崖っぷちホテル」(NTV)に出演、7月には「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」が公開予定。

久保田 紗友さん
生年月日: 2000年1月18日
出身地: 北海道

[画像20: https://prtimes.jp/i/19830/18/resize/d19830-18-597927-21.jpg ]



2013年、「神様のイタズラ」(BS-TBS)、「三人のクボタサユ」(NHK)で共に主演に抜擢される。その後数々の作品への出演を経て、2017年にはNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」、「過保護のカホコ」(NTV)等話題の作品に出演、映画「ハローグッバイ」では長編映画初主演し、存在感の強さが話題に。2018年、3月は舞台に出演し、ドラマや映画の公開が控えている。飾らない雰囲気と笑顔でティーン世代から絶大なる人気のある期待の若手女優。

渡辺 真起子さん
生年月日: 1968年9月14日
出身地: 東京都
[画像21: https://prtimes.jp/i/19830/18/resize/d19830-18-706307-19.jpg ]

映画「ミッドナイト・バス」(2018年)
映画 「友罪」(2018年)
ドラマ TBS日曜劇場「99.9ー刑事専門弁護士ーSEASON II」(2018年)

鎌田 らい樹さん
生年月日: 2003年5月17日
出身地: 東京都
[画像22: https://prtimes.jp/i/19830/18/resize/d19830-18-801595-20.jpg ]

映画「幼な子われらに生まれ」(2017年公開、三島有紀子監督)江崎沙織役
TV NTV「先に生まれただけの僕」(2017年10月クール)梅津くる美役
MV サニーデイ・サービス「クリスマス」出演中

<スタッフリスト>
■ 広告主 : ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
■ 広告代理店 : 株式会社 モメンタム ジャパン
■ 制作会社 : 株式会社 ナカハタ、株式会社 東北新社
■ 演出 : 高島 夏来(株式会社 東北新社)

<ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーについて>
ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーは、1991年に世界初の使い捨てコンタクトレンズ アキュビュー(R) を日本に導入して以来、常に使い捨てコンタクトレンズ市場をリードし続けてきました。これからも、全ての人が毎日を健康に明るくクリアな視界で過ごせるよう、人々のクオリティ・オブ・ビジョン(QOV)の向上を目指して、貢献し続けたいと願っています。

アキュビューはジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社の登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング