1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

未来の宇宙旅行機、アニメ「マクロスシリーズ」河森正治氏によるカラリングイメージの公開&投票開始!!

PR TIMES / 2021年5月1日 11時45分

コロナに負けるな!STAY HOME週間 【同時募集】子どもたちからの宇宙旅行用ロケットの色ぬりをしてみよう!

全国の皆様のSTAY HOME週間が少しでも有意義なものになればと願い、マクロスシリーズなどを手がける河森正治氏と共に、制作を進めているSPACE WALKERの宇宙旅行用の機体デザインのカラリング・ラフスケッチを一般の皆様に公開し、こどもの日5月5日午前10時より投票開始いたします。



株式会社SPACE WALKER(東京都港区、代表取締役CEO 眞鍋顕秀、以下、スペースウォーカー)は、誰もが飛行機に乗るように自由に宇宙を往来する未来を目指し、「安くて、早くて、安全な」宇宙輸送手段を提供するため、有翼式再使用型のサブオービタルスペースプレーンの研究・開発を行っております。

現在、新型コロナウイルス感染症によりゴールデンウィーク期間も含め、STAY HOMEを各自継続されていることと思います。そのような中、ぜひお家時間をより楽しいものにして頂ければと考え、コロナに負けるな!STAY HOME!!を皆様と共に宇宙を知っていただきながら乗り越えられますように2つの企画をご用意しました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/36314/18/resize/d36314-18-294875-4.png ]




未来の宇宙旅行機、アニメ「マクロスシリーズ」河森正治氏によるカラリングイメージの公開&投票開始!!
こどもの日、SPACE WALKERの有翼ロケットにぬり絵をしよう!


■5月5日午前10時より
未来の宇宙旅行機、アニメ「マクロスシリーズ」河森正治氏によるカラリングイメージの公開&投票開始!!
この度、宇宙旅行機のカラリング・ラフスケッチをアニメ「マクロスシリーズ」などのアニメーション監督を手がけるビジョンクリエイター 河森正治氏にご制作いただき、5月5日(こどもの日)に公開及び投票を開始いたします。こちらの公開するカラリング・ラフスケッチは、スペースウォーカーの機体に、河森氏が窓の形とカラリング案を施したもので基本的には白い色の面積が主体という条件のもと、赤、黒をメインのイメージカラーとして使用しています。
弊社公式Twitter(@SPACEWALKER_JP)にて、5月5日(こどもの日)午前10時より公開し、24時間限定で厳選した3つのカラリング案の投票を実施いたします。ぜひ、子どもたちと一緒にご参加いただき、宇宙旅行のイメージを膨らませて下さい。
・河森正治氏の紹介
[画像2: https://prtimes.jp/i/36314/18/resize/d36314-18-815205-2.jpg ]


アニメーション監督、企画、原作、脚本、映像・舞台演出、メカデザインなどを手がけるビジョンクリエーター。慶応義塾大学工学部在学中、原作者の一人としてテレビアニメーション『超時空要塞マクロス』に参加。世界各地でテレビ放映され、日本発のクールなアニメーションとして絶大なるインパクトを与えた。原作・監督作品に、「アクエリオン」シリーズ、「マクロス」シリーズなどがある。




[投票時間]
5月5日 午前10時より(24時間)
[公開場所]
SPACE WALKERの公式Twitter( https://twitter.com/SPACEWALKER_JP

■こどもの日、SPACE WALKERの有翼ロケットにぬり絵をしよう!
河森氏のデザインをみた子どもたちからの有翼ロケットのぬり絵をGoogleフォームにて募集いたします。ぬり絵素材はSPACE WALKERの公式Twitter( https://twitter.com/SPACEWALKER_JP)にて公開致します。みなさまからいただいたロケットは、順次公式Twitterにて公表させていただきます。ぜひ、ご参加ください。

[締切]
5月14日 午後5時まで
[ぬり絵素材提供場所]
SPACE WALKERの公式Twitter( https://twitter.com/SPACEWALKER_JP
[送り先]
Googleフォーム
https://forms.gle/aZvQRZySjtkiCPGT8

■代表取締役CEO 眞鍋顕秀からのメッセージ
[画像3: https://prtimes.jp/i/36314/18/resize/d36314-18-131475-3.jpg ]

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、通常時とは違うゴールデンウィークを過ごさなければなりません。子どもたちも大変なストレスを抱えていると思います。
私たちは普段、一般の方々となかなか関わる機会の少ない研究開発型の宇宙ベンチャーです。できることは限られておりますが、宇宙という夢のような世界を現実的なものに近づけるのが、我々の使命です。

皆さんにとって、少しでも宇宙を身近に感じていただき、宇宙旅行ができる未来を想像していただけたら嬉しいです。共に新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、STAY HOME週間を乗り切りましょう。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング