週2回の薬用ピーリングで徹底美白・ニキビケア 薬用角質ケアジェル「ホワイトクリアジェル」誕生 効果・効能が認められた2つの有効成分を配合

PR TIMES / 2020年7月15日 11時40分



株式会社Cure(本社:東京都千代田区 代表取締役:水野博允)は、薬用角質ケア製品「ホワイトクリアジェル」を7月15日(水)より販売開始いたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/38009/18/resize/d38009-18-773606-0.png ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/38009/18/resize/d38009-18-675255-2.png ]



https://www.4cs-cure.co.jp/shop/products/cure-014

薬用「ホワイトクリアジェル」は、肌表面の不必要な古い角質をやさしくキャッチして取り除くと同時に、シミやニキビのケアまで可能な角質ケア製品です。肌トラブルの原因となる古い角質を除去し、素肌のくすみ※2やざらつきを取り除くことで、白く透明感のある肌※3に導き、化粧水などの美容成分の浸透を高めます。

美白※1のスキンケアにとって、大切な事はスキンケア前に「しっかり汚れを落とすこと」。古い角質は顔をくすませ、シミの発生や繰り返す大人ニキビの原因にもなります。「ホワイトクリアジェル」は古い角質や皮脂汚れなどと反応し、お肌に負担をかけずに汚れを落とします。また、そうすることで効果・効能が認められたシミ・そばかすを防ぐ成分と肌荒れを防ぐ成分の2つの有効成分※4※5を肌へ届きやすくします。

肌への効果と優しさの両方を考えて、無香料・無着色・アルコールフリー・シリコンフリー・石油系界面活性剤フリーで作られています。また、保湿・整肌効果のある5つの厳選植物エキス、「タイムエキス(1)・ユキノシタエキス・モモ葉エキス・チャエキス(1)・アーティチョークエキス」を配合しています。

週に2回本製品で角質ケアを行うことで美容成分の浸透を高め、毎日のお手入れをより効果的にし、つるりとしたクリアな肌に整えます。約90%が水でできており、顔だけでなく全身にお使いいただけます。ニキビができやすい「背中・デコルテ」をはじめ、黒ずみが気になる「ひじ・ひざ・かかと・お尻」にも、ぜひご使用ください。
[画像3: https://prtimes.jp/i/38009/18/resize/d38009-18-980484-1.jpg ]

※1美白とは、メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐこと
※2古い角質による ※3古い角質を洗い流すことによる
※4ニチレイ・水溶性プラセンタエキスB ※5グリチル酸2K

■使用方法
1. 洗顔後、お肌の水分を拭き取り、本製品をお顔全体になじませ、
 1分程度放置し、有効成分をお肌に届けます。
2. お水が浮き上がってきたら、やさしく30秒間マッサージをします。
3. 洗い残しの無いよう、きれいに洗い流して化粧水などで普段通りのお手入れをしてください。
[画像4: https://prtimes.jp/i/38009/18/resize/d38009-18-724790-6.jpg ]

※ご自身のお肌の状態にあわせて、週2回のご使用が目安です。
※全身にもお使いいただけます。首筋や手足など、ざらつきが気になる部分にお使い下さい
[画像5: https://prtimes.jp/i/38009/18/resize/d38009-18-798577-7.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/38009/18/resize/d38009-18-200304-3.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/38009/18/resize/d38009-18-805689-5.jpg ]

※イメージ図

■商品概要
商品名:ホワイトクリアジェル[医薬部外品] 200g
価格:2,500円(税抜)
[画像8: https://prtimes.jp/i/38009/18/resize/d38009-18-736957-4.jpg ]



■会社概要
会社名:株式会社Cure
所在地:〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-11-13 飯田橋 i-MARK ANNEX 8F
電話番号:03-6261-3685
代表取締役:水野博允
設立:平成27年4月22日
資本金:5,000万円
事業内容:化粧品・美容雑貨の企画・製造販売・Eコマース事業
URL: http://cure-skin.jp/
[画像9: https://prtimes.jp/i/38009/18/resize/d38009-18-717294-8.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング