〈京都市 ふるさと納税返礼品拡充の取り組み〉老舗料亭の「おせち料理」や「タカラ缶チューハイ」など京都おなじみの返礼品を新たに追加!

PR TIMES / 2020年9月2日 11時45分

「ふるさとチョイス」 https://www.furusato-tax.jp/city/product/26100

京都市では、ふるさと納税返礼品拡充の取り組みとして、2020年9月2日(水)より、京都市の老舗料亭の「おせち料理」をはじめ、宝酒造株式会社の「缶チューハイ」などの京都おなじみの返礼品を新たに追加いたしましたことをお知らせいたします。




[画像1: https://prtimes.jp/i/59523/18/resize/d59523-18-708283-0.png ]

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、昨年度の人気返礼品であった旅行クーポンの代わりとなるものを模索する中で、現在は、京都肉の切り落としや「手付焼網」などの実用的な伝産品、クラフトビール、漬物・おばんざいセットなどが人気となっているため、今回大幅な拡充に着手いたしました。

新たに追加した「おせち料理」は、老舗料亭「たん熊北店」をはじめ、「おばんざい」が人気のお店「京菜味のむら」や、貴船神社の社家職が起源の料理屋「貴船右源太」などの多種多様なおせちをご用意しました。宝酒造の「缶チューハイ」は、代表作であり、日本初の缶入りチューハイ「タカラcanチューハイ」の他、元祖「焼酎」ハイボールの味わいを追求したチューハイ缶や、スパークリング清酒「澪」などを取り揃えております。

京都市では、2020年度の寄付目標額を5億円と設定し、年末のふるさと納税寄付額が伸びる時期に向けてジャンルを絞らない返礼品の拡充を行い、寄付獲得に向けて取り組みを進めています。京都市ならではの返礼品を約300種類取り揃えておりますので、京都市へのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

京都市のふるさと納税返礼品に関する詳細は「ふるさとチョイス」よりご確認ください。
https://www.furusato-tax.jp/city/product/26100

寄付申込方法や使い道についての詳細は「京都市情報館」をご参照ください。
https://www.city.Kyoto.lg.jp/gyozai/page/0000186773.html


新たに追加される返礼品について

■おせち料理
老舗料亭をはじめ、「おばんざい」が人気のお店や、貴船神社の社家職が起源の料理屋など、京都の食文化を堪能できる多種多様なおせちを揃えました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/59523/18/resize/d59523-18-708902-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/59523/18/resize/d59523-18-162309-3.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/59523/18/resize/d59523-18-517508-2.jpg ]



■宝酒造「缶チューハイ」
日本初の缶チューハイ市場を開拓したのが、京都市に本社のある宝酒造株式会社です。代表的な「タカラcanチューハイ」は1984年の発売以来、品質にこだわり続けています。このほか、元祖「焼酎」ハイボールの味わいを追求したチューハイ缶や、スパークリング清酒「澪」などを追加しました。


[画像5: https://prtimes.jp/i/59523/18/resize/d59523-18-568601-4.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/59523/18/resize/d59523-18-545796-5.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/59523/18/resize/d59523-18-996615-6.jpg ]



その他にも、京都のお土産として人気「よーじや」の雑貨や京都発祥の「Dari K(ダリケー)」のチョコレートも新しく追加しました。返礼品の詳細は「ふるさとチョイス」よりご覧ください。
https://www.furusato-tax.jp/city/product/26100


京都市のふるさと納税寄付金の現状について

2019年度の京都市のふるさと納税受入額は、過去最高の2.6億円となりました。

(2019元年度の主な取組)
2019年8月~  ポータルサイト「ふるさとチョイス」を導入、返礼品を拡充(伝統産業品、京野菜を追加)、
        寄付の使い道を2つ追加(西陣の活性化、学生祭典)
2019年10月~ 返礼品をさらに拡充(体験型、京都肉、京料理などを追加)、
        寄付の使い道を1つ追加(伝統産業の担い手育成)

京都市では、2020年度の寄付目標額を5億円と設定し、ふるさと納税ポータルサイトの追加(ANA、楽天、ふるなび)や、分野を絞らない返礼品の拡充など、寄付獲得に向けて取組を進めています。


(参考)京都市のふるさと納税寄付金について

京都市では、京都を愛する多くの皆様のご協力を頂戴することにより、京都の貴重な文化、美しい景観や自然、素晴らしい地球環境、そして自分たちのまちやふるさとを大切にし、次の世代に引き継いでいくため、ふるさと納税寄付金を募集しています。
京都市出身の方、学生時代などを京都市で過ごしたことのある方、京都市民の方、全国で京都市を応援しようという思いをお持ちの方から、多くのご支援をいただいております。いただいた寄付金は、文化・景観・環境・地域振興などの施策、伝統産業の担い手育成などの事業に使うこととしています。
寄付申込方法、使い道についての詳細は以下URLをご参照ください。
https://www.city.kyoto.lg.jp/gyozai/page/0000186773.html

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング