安心設計の子供用メガネ登場! 『LIFEGUARD(R) FOR KIDS』 コラボレーションメガネ 6月28日(金)より、全国の眼鏡市場で販売開始!

PR TIMES / 2013年6月26日 19時47分



 株式会社メガネトップ(本社:静岡市葵区、社長:冨澤昌宏)が展開する眼鏡市場は、「子供たちの安全を守る」ジュニア向けのメガネ『LIFEGUARD(R) FOR KIDS』コラボレーションフレームを、6月28日(金)より新発売致します。


■「LIFEGUARD(R)  FOR KIDS」コラボレーションメガネ

 眼鏡市場は、「様々な事故や災害から子供を守る」をテーマに、幅広い商品展開を行ってる
「LIFEGUARD(R)FOR KIDS」とコラボレーションを行い、お子様に安心してご利用いただけるメガネを新開発致しました。素材選びからフレーム設計まで、細部にこだわったデザインに仕上げています。
また、メガネのフレームには、ガチャピンのお腹の柄やムックのプロペラ柄を取り入れるなど、お子様が愛着を持てるような工夫を凝らしています。


<商品概要>

【商品名】
 『LIFEGUARD(R) FOR KIDS』コラボレーションメガネ
【販売価格】
 レンズ付きメガネ一式価格:13,650円(税込)
 ※中学生以下のお客様がご購入された場合の価格です
 ※超薄型レンズでも追加料金なし     
【ラインナップ】
 4モデル×4カラー 計16バリエーション 
【発売時期】
 2013年6月28日(金)          
【発売場所】
 全国789店舗(※2013年5月31日時点)の眼鏡市場
【商品特徴】
 1.「ガチャピン・ムック」を取り入れたデザイン
 2.5つの安心設計で子供たちを守ります
 3.「ガチャピン・ムック」の専用メガネケース付き


<子供を守る5つの安心設計>

 『LIFEGUARD(R) FOR KIDS』コラボレーションメガネは、「子供を守る」をコンセプトに、素材や構造にこだわった設計になっています。

1.フロント(メガネのレンズを入れる枠の部分)
 超軽量で衝撃に強いポリアミド樹脂を採用することで、活発なお子様の動きにも耐える軽くて丈夫なフレームを
 実現しました。
2.鼻パッド(鼻にあたる部分)
 オールシリコン素材の鼻パッドを採用することで、ズレにくく、肌に優しいフィット感を実現しました。
3.蝶番(メガネのフロントとテンプルを繋げる部分)
 メガネのフロントとテンプルを繋げる蝶番部分には、強度の高い5枚蝶番を採用することで、活発なお子様の動き
 に耐え、ゆがみや破損が起こりにくい設計にしています。
4.テンプル(メガネの腕の部分)
 弾力性と強度の高いウルテム素材を採用することで、快適なかけ心地と丈夫さを実現しました。
5.モダン(耳に掛ける部分)
 ドライタイプのラバーモダンを採用することで、メガネのズレを防止すると共に、快適な装用感を実現しました。


<年齢に合わせて選べる!4モデル × 4カラー 計16バリエーション>

・LGM-01 KH
 小学校中学年向けにデザインしたウェリントン型のフレーム。男の子にも女の子にもオススメです。

・LGM-02 PK
 小学校低学年までのお子様向けにデザインしたオーバル型のフレーム。子供らしいカラフルなカラーがポイント
 です。

・LGM-03 RE
 小学校低学年向けにデザインしたオーバル型のフレーム。可愛らしく、発色の良いカラーを揃えています。

・LGM-04 BLU
 小学校中学年向けにデザインしたスクエア型のフレーム。セミマットなカラーを活かし、落ち着いた印象持たせて
 います。


<『LIFEGUARD  』 × 『ガチャピンムック』について>

○LIFEGUARD(R)

アメリカンカジュアルの定番ブランドとして長年日本でも愛されている「LIFEGUARD(R) 」は、全米のライフガード協会公認のブランドで「人に優しく、地球に優しく」をテーマに、カジュアルウェア、服飾雑貨など幅広く展開
しています。

○ガチャピン・ムック

1973年4月「ひらけ!ポンキッキ」に登場。2013年には誕生40年目を迎える国民的キャラクター。商品展開は多岐にわたり、ガチャピンのTwitterフォロワー数は130万件を越え、ムックのFacebookページは、14,000「いいね!」を記録するなど、キャラクターの域を超えて幅広く活躍しています。

■「LIFEGUARD(R)  FOR KIDS」とは?

全米のライフガード協会公認のカジュアルブランド「LIFEGUARD(R) 」と「ガチャピン・ムック」がコラボレーションし、 「子供を守る」をコンセプトに、子供の目線に立った商品展開や防災・防犯の啓発を行っています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング