化粧品容器メーカーの石堂硝子(大阪府大阪市)が通販化粧品の市場動向と容器の最新トレンドを分析

PR TIMES / 2012年7月2日 11時2分



***************************************************************
   伸びゆく通販化粧品の容器に求められる要素とは・・!?
     ---通販チャネル特有のトレンドを探る---
****************************************************************



石堂硝子株式会社(大阪府大阪市)が、横ばいが続く化粧品市場においても
順調に数字を伸ばし続けている通販化粧品の動きと容器の最新トレンドの関連性を分析した。

1.  堅実に伸び続ける通販化粧品

 カタログやインターネットを通して販売する通販化粧品の伸びが堅調だ。
総合大阪企画センターの調べによれば、2011年度(2010年12月~2011年11月に
決算を迎えた企業から算出)の伸びは前年度比3.2%増。
3,152億円の販売高は過去最高を更新している。
 伸び率自体は、2000年以降で最も低い水準となったが、東日本大震災の後に
消費が一気に冷え込んだことを考えれば、通販化粧品の勢いはいまだ強いことがうかがえる。

2. 女性に支持される要因とは

 通販化粧品はなぜ女性の支持を獲得しているのか。その要因は以下の通りだ。
 A. 24時間、自分の好きな時間に注文できる
 B. 宅配便のサービス充実化により、都合の良い日時での受け取りが可能
 C. 通販化粧品自体のクオリティがアップし、選択肢の幅も増加
 D. アットコスメに代表されるネット上の口コミの影響力が高まり、
   専門店、百貨店、通販といったチャネルやブランド名にとらわれず、
   フラットに化粧品を選ぶ女性が増加
 E. コストパフォーマンスの良さ
  (比較的リーズナブルプライスの化粧品が多い)
 F. トライアルセットが充実化し、試しやすくなった
 G. 化粧品メーカーとファンとをつなぐコミュニケーションツールが充実している
  (ブランドロイヤリティを持ちやすい)

 以上のように、化粧品自体のクオリティやコストパフォーマンス、
 さまざまな特徴や個性が支持されているのと同時に、物流面の進化が
 通販化粧品の隆盛を支えてきたことは明らかだ。
 配送の時間指定が可能な宅配便やマンションの宅配ロッカーといった
 顧客満足度の高い便利なサービスが通販化粧品の人気の陰にある。
 これは、訪問販売化粧品の売り上げが激減していることの裏返しともいえる。
 忙しくなった女性たちは、好きなときに注文でき、都合の良いときに
 受け取ることのできる、個性的でコストパフォーマンスの良い化粧品を求めているのである。
 
3. 通販化粧品の容器傾向

 メーカーから客に直接配送される通販化粧品には、他のチャネルにはない
 固有の容器トレンドが存在している。
 A. 輸送途中でのダメージを抑える耐久性
 B. 軽量で扱いやすい 
 C. シンプルで使いやすい
 D. 使い勝手が良い(フタを開けやすい、中身が出やすいなど)
 E. 容器がその化粧品の特徴を物語る
 AとBは物流上の要素だが、C~Eは通販というチャネルだからこそ
 求められる要素といえる。
 店売りの化粧品と違って、通販化粧品には販売員が介在していない。
 美容部員が接客をする百貨店や専門店でなくても、セルフ販売の店であれば
 何か疑問点を持ったり、容器について尋ねたい、別の化粧品に交換したいと思えば、
 そこには必ず店の従業員が存在し、顧客に対応する。
 しかし、通販化粧品はメーカーから直接送られてくるため、購入前に確認ができない。
 つまり届いた化粧品がすべてだ。
 それだけに、ちょっとでも不都合があったり、使い勝手が悪いとなるとリピート購入が難しく、
 口コミで良くない評判が広がることもじゅうぶんに考えられる。 
 通販化粧品は、容器の耐久性と使い勝手の良さがどのチャネルよりも強く求められる化粧品である。

4. 化粧品のストーリーを語る機能が必須

 Eの「化粧品の特徴を物語る」も、商品についてお客様に説明する販売員がいないからこそ必要性が高い要素だ。
 カタログやウェブサイトを見ただけでその商品の持ち味や機能を理解できる、
 商品を実際に手にしたときに商品の個性や効果を期待できる容器が通販化粧品には欠かせない。
 ただし、通販化粧品にはコストパフォーマンスを重視する女性が多いため、
 メーカーが容器に投入するコストはそう高くない。
 大手の通販化粧品メーカーの商品を調べてみると、その多くが容器の型をある程度に絞り、
 色を変えることで特徴を訴求している。
 ・耐久性
 ・軽量性
 ・使いやすさ
 ・容器の加飾のしやすさ
 ・デザイン一つで個性を演出できる汎用性
 これらが通販化粧品には欠かせない要素といえるだろう。
 

石堂硝子でも、今回の分析結果をふまえ、通販化粧品に適した容器を数多く取り揃えています。
サンプルご希望の方、詳細情報をご希望の方は下記メールよりお問い合わせください。
問い合せ先 E-Mail: igweb@ishido-glass.co.jp

【会社概要】
大阪本社
大阪府大阪市東成区大今里西1-9-12
TEL 06-6971-3897
地図 :  http://ishido-glass.co.jp/company/access.html

東京支店
東京都渋谷区渋谷2-14-18 あいおい損保渋谷ビル6階
TEL 03-6418-1357
地図 :  http://ishido-glass.co.jp/company/access.html#tokyo



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング