働く女性の約7割は自分の睡眠に不満足 それでも気持ちよく眠るための対策は「何もしていない」人が半数! ~働く女性の睡眠環境調査~

PR TIMES / 2013年7月23日 17時43分



ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランド株式会社decencia[ディセンシア](本社:東京都品川区、代表取締役社長 小林 琢磨)は、2013年6月、全国の20~40代の女性に400名に対し、「睡眠と美容に関する意識調査」をインターネット調査にて実施いたしました。
今回の睡眠と美容に関する調査の結果、自分の眠りに満足していない人が多いにも関わらず、対策を講じていない人の多さが浮き彫りとなりました。

【基本調査概要】
調査方法 :  インターネットアンケート調査
調査実施期間 :  2013年6月27日(木)
対象者 :  全国の有職者、未婚、一人暮らしの女性400名
対象者年代 :  20~40代

【調査結果サマリー】

◆ 働く女性の約7割が自分の睡眠の質に不満足
  目が覚めても取れない疲れに悩む人も約7割

◆ 時間は意外とあるけれど・・・ 
  眠る前に睡眠の質を高める努力は「何もしていない」が半数でトップ!

◆ 眠る前にスマホ、タブレット、TV・・・液晶を見つめている人が約8割
  思い描いたイメージとは遠い?美容に時間を使っているのはわずか5人に1人

-------------------------------------------------------------
1. 約7割が自分の睡眠の質に不満足  朝、目が覚めても取れない疲れに悩む人は約7割
まずはじめに、睡眠の質の満足度について調査をしました。35%の人が現在の睡眠の質に対して「満足している」と答えているのに対し、65%が睡眠の質に「満足していない」という結果となりました。
また、現在の睡眠の質に満足していない理由は「朝起きると何だか怠い感じがして、疲れがとれていない」が73%、
「目覚めが悪く、スッキリと目覚められない」が58.7%と半数を超え、朝、目覚めたときの体調に問題を感じている人が多い結果となりました。

■現在の睡眠の質に満足している人はわずか3割強という結果に
Q1.現在の睡眠の質に満足していますか。(SA n=400)
回答者全員に対し、睡眠の質の満足度を聞いたところ、「かなり満足している」人が4%、「どちらかというと満足している」人が31%と、満足している人はわずか3割の現状であるという結果が得られました。
現代の働く女性の多くは、自分の睡眠の質に対して満足感を得られていないという事がわかりました。

■不満のポイントは「目覚めたときの疲れの残り方」
Q2.現在の睡眠の質について、どのようなところに不満を感じていますか。
(MA n=Q1で「あまり満足していない」「全く満足していない」と回答した人249)
Q1で睡眠の質に「満足していない」と回答した人に対し、その理由を聞いたところ、 「朝起きると何だか怠い感じがして、疲れがとれていない」73.0%、「目覚めが悪く、スッキリと目覚められない」58.7%という回答が多く得られました。
睡眠時間を取っていても、目覚めたときの疲れが残っていることに問題を感じている人が多いという事が分かりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング