「小学生の読み物選び」をお手伝い

PR TIMES / 2013年10月15日 19時2分

絵本ナビ 児童書ページが新しくなりました!

絵本の情報・通販サイトを運営する株式会社絵本ナビ(本社東京都渋谷区/代表取締役社長 金柿秀幸)では、2013年10月15日(火)に情報サイト「絵本ナビ」において、絵本の”次”の段階に子どもたちにおすすめする「読み物」情報満載の「児童書ページ」をリニューアルいたしましたのでお知らせいたします。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<子どもたちが夢中になれる児童書との出会いを。>
小学校に入るまでは親子で絵本を楽しんでいた子も、小学生になるとゲームやコミックに夢中になってなかなか本を読まなくなってしまう、という親御さんたちからの嘆きをよく耳にします。親御さんたちも、自分で絵本は選べても、児童書を選ぶのは大変なのです。一方、夢中になれる読み物にタイミング良く巡り会った子どもたちは、本好きになっていきます。そんな「読み物との出会い」が起こるように、絵本ナビの児童書コーナーをリニューアルオープンします。児童書のプロが選書を行い、選びやすいページ構成に。小学生の本選びが変わります。                            (株式会社絵本ナビ 代表取締役社長 金柿秀幸)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■ リニューアルの主な特徴・ポイント
 
1、小学生から中高生の対象に応じて本が選べる「4つの対象年齢別ページ」
 対象年齢別ページが「低学年」「中学年」「高学年」「中高生~」の4つのカテゴリに分かれ、利用者のお子さまの年齢にあった児童書が選びやすくなりました。
2、最新の児童書情報が満載!
 児童書トップページでは、絵本ナビがおすすめする児童書と児童書の最新情報が一覧できます。
●児童書の今!がわかる
 豊富な新刊情報が一覧で見られます。
 絵本ナビ編集部の今月のおすすめ、絵本ナビ編集部が実際に読んだみどころも随時UP。
 530万人の利用者からの感想や評価を作品別にご覧いただける「お客様の声」も充実。
●児童文学作家さんをPick up
 注目の児童文学作家さんの作品をご紹介。
 「お気に入りの作家さんを見つけて、その人の作品を続けて読んでみる」という本の選び方をご提案します。
3、テーマから選ぶ、テーマのとびらをご用意。
 各対象年齢別に、その年齢の興味に合わせた内容をキーワードとして、児童書を各テーマに分けたテーマのとびらをご用意しました。全部でとびらの数は44。子ども達のあらゆる興味から本を選ぶことができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング