アセンテック、データ保護のグローバルリーダーSafeNetのストレージ暗号化ソリューション「StorageSecure」「KeySecure」提供開始

PR TIMES / 2012年11月13日 17時3分



アセンテック株式会社(旧社名:株式会社エム・ピー・テクノロジーズ 本社:東京都豊島区、代表取締役社長:佐藤 直浩、以下アセンテック)は、データ保護のグローバルリーダー日本セーフネット株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:酒匂潔、以下、SafeNet)のストレージ暗号化ソリューション「StorageSecure」「KeySecure」の販売を2012年11月13日より開始することを発表します。

今回販売を開始する「StorageSecure」「KeySecure」はセーフネットの独自ソリューションであり、グローバルで高い支持を受けるストレージ暗号化ソリューションです。
「StorageSecure」は、はハードウェアアプライアンスベースの包括的なストレージ暗号化ソリューションであり、CIFS、NFS、iSCSI(※1)に1GbE又は10GbEネットワークにて接続され、ベンダーにかかわらず任意のストレージ上にあるデータを暗号化し保護します。
「StorageSecure」は定義されたビジネスポリシーに基づいて情報を暗号化し、既存のオペレーションに影響を与えたり、情報の可用性を損なうことなく情報をセキュアに格納します。全ての暗号鍵とそれに関連するパラメーターをハードウェア内に格納し、暗号鍵は StorageSecure の鍵に限らず、その他の異機種混在の様々な暗号鍵を完全に統合管理するソリューションである「KeySecure」に格納することもできます。

「KeySecure」は、暗号鍵とアプリケーションの一元的な中央集中管理を可能にするエンタープライズ暗号鍵管理(EKM)ソリューションです。社内での暗号化技術の利用が広まると、セキュリティチームは、鍵の生成、鍵のインポートとエクスポート、鍵のローテーションといった暗号鍵管理をより広い範囲に適用しなければならなくなります。KeySecure を利用すると、管理者は中央の一元化された鍵管理プラットフォームを通じて、同時に複数の異なる暗号化アプライアンスと関連する鍵を管理できます。
「KeySecure」は、OASIS Key Management Interoperability Protocol(KMIP1.0)に準拠しています。KMIPは2010年10月にOASISに認定されたエンタープライズ暗号鍵管理システムと、暗号化システム間の通信を行う包括的なプロトコルであり、KMIP標準ベースのプラットフォームは、暗号鍵管理の簡素化、法規制の順守、運用コストなどの大幅な削減を実現します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング