LAプレミアでハリウッド・スターに会える! ニュージーランド航空、ホビットをテーマにしたキャンペーン実施

PR TIMES / 2013年11月21日 16時43分

ニュージーランド航空は、「中つ国」公式エアラインとして、2週間後に迫った映画「ホビット」シリーズの第2章「ホビット 竜に奪われた王国」ワールドプレミア試写会*に先駆けたマーケティングキャンペーンを発表しました。そのひとつであるプレゼントキャンペーンには、12月にハリウッドで行われるワールドプレミアに参加できるという、ホビットファンにとっては夢のようなプレゼント企画が含まれています。 *(日本では2月公開予定)



キャンペーン「Middle Earth - Closer Than You Think(中つ国は思うより近くに)」の一貫として実施されるプレゼントキャンペーンには賞品が二種類あり、そのひとつがワールドプレミア試写会参加を含むLA旅行です。当選者は、スター俳優エバンジェリン・リリーやマーティン・フリーマン、監督ピーター・ジャクソンらと共にプレミア試写会に参加することができます。応募にはまず、ニュージーランド航空がこのほど公開した、ホビットをテーマとするプロモーションビデオ「中つ国のとある一日」をオンラインでご覧いただきます。

プロモーションビデオ「中つ国のとある一日」には、フライト・アテンダント、パイロット、エンジニア、旅客機誘導係員、貨物スタッフ、空港スタッフなど、ニュージーランド航空の様々な仕事に携わるスタッフが、ホビットの登場人物のようないでたちで登場します。エキストラも120名以上が参加。世界中の旅人がそれぞれの思いがけない旅に出かけたくなるようなビデオに仕上がっています。

ビデオには、小人フィリーを演じるニュージーランド出身のディーン・オゴーマン本人が出演し、またラダガスト役のシルベスター・マッコイが声で出演しています。

ディーン・オゴーマンは「このビデオには、ホビットの不思議さとニュージーランド航空のユニークさがとても良く現れています。キャストとクルーはここ数年、ニュージーランドに何度も足を運んでいるため、ニュージーランド航空が第2の家のようになっている者もいて、キウィ流のサービスが大好きなんです。このビデオの制作に携わり、たくさんの従業員の方々が様々なホビット・テイストを楽しんでいるのを見ることができて、本当に楽しかったです」とコメントしています。

プレゼント・キャンペーンでは、世界中の視聴者の中から1組2名の方に、中つ国(ニュージーランド)への旅が、そして3組6名の方にロサンゼルスへの旅が当たります。ロサンゼルスの旅当選者には、映画「ホビット 竜に奪われた王国」のプレミア試写会ご招待も付いています。賞品内容には往復航空券、宿泊費、レンタカー代が含まれます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング