オークラ ホテルズ & リゾーツとJALホテルズ 「熱中症予防 声かけプロジェクト」に賛同 ~熱中症予防を注意喚起する声かけ活動を国内全チェーンホテルで開始~

PR TIMES / 2012年6月20日 14時15分



株式会社ホテルオークラ(本社:東京都港区、代表取締役社長:荻田敏宏)と、株式会社JALホテルズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:マルセル・ファン・アルスト)は、一般社団法人日本エンパワーメントコンソーシアム(本社:東京都港区、代表理事:山下太郎)が総合運営事務局を務める熱中症を予防する国民運動「熱中症予防声かけプロジェクト」に賛同し、7月1日より国内全チェーンホテルにて、ホテルを利用されるお客様に積極的に声かけを行い、熱中症予防に対する意識や理解を促す活動を開始いたします。

「熱中症予防 声かけプロジェクト」は、環境省および有識者によって構成される実行委員会の働きかけによって、企業や行政、国民が創造的に連帯し、コミュニケーションにより日本特有の「ひと涼み」の習慣を広く知らしめ、熱中症による死亡者をゼロにしていこうという国民運動で、現在1,628の事業所・店舗がこの活動に賛同しています。

オークラ ホテルズ & リゾーツおよびJALホテルズは、お客様との対話を大切にし、より多くの対話機会に努める両社の理念に沿った本プロジェクトに賛同し、今夏、国内全51ホテル(オークラ ホテルズ & リゾーツ16ホテル、JALホテルズ35ホテル)において、宿泊やレストランをご利用されるお客様に積極的に熱中症予防を呼びかける活動を行います。ホテルのスタッフが、「熱中症予防 声かけプロジェクト」のバッジを着用し、プロジェクトが推進する5つの声かけ項目である、“温度に気を配ろう”“飲み物を持ち歩こう”“休息をとろう”“栄養を取ろう”“声をかけ合おう”を中心にお客様へのお声かけに努め、ホテルにできることを考え実行いたします。

なお、運営事務局によれば、2011年7月から9月の間に、熱中症により救急搬送された人の数は全国で4万人近く、死亡者は59名でした。この数は、2010年の記録を下回ったものの、2009年同期と比べると3倍に上り、上昇傾向にあります。また、気象庁※は、6~8月の3か月予報で、西日本と沖縄・奄美で気温は高温傾向があると発表し、電力不足による節電対策が予想されることから、気象庁が発信する高温注意情報など、気温に関する情報を事前に得て、万全な熱中症対策をしてもらいたいと注意を呼びかけています。

各ホテルでのプランや取り組みは、特設キャンペーンページでご覧いただけます。
http://www.okura.com/jp/topics/hitosuzumi.html

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング