NTTスマイルエナジー  PV JAPAN 2014にて新サービスの受付を開始

PR TIMES / 2014年7月29日 15時22分

家庭向け新モニタリングサービスと発電事業の案件募集を開始

株式会社NTTスマイルエナジー(本社:大阪市中央区、代表取締役社長 谷口裕昭、 以下NTTスマイルエナジー)は、7月30日より開催されるPV JAPAN 2014にて、家庭向けに太陽光発電遠隔モニタリングサービス「“エコめがね”余剰3G回線セット」の受付を開始いたします。
 また、2014年4月より事業開始した、NTTスマイルエナジーが発電事業者となり、未稼働の太陽光発電案件を稼動促進する「ご縁ソーラープロジェクト」についても、同日より2014年8月31日までを第II期(投資規模5億円予定)として、案件の募集を開始いたします。




【”エコめがね”余剰3G回線セットについて】
 NTTスマイルエナジーではご家庭のインターネット網を通じ、クラウドに蓄積された計測データを、スマートフォンやパソコンを用いていつでもどこからでも発電状況を確認できる新しい形の太陽光発電見える化サービス“エコめがね”を2011年11月より提供開始してまいりました。

 従来、“エコめがね”のご利用には固定式のインターネット環境があることが条件となっていましたが、 「“エコめがね”余剰3G回線セット」は通信機能を内蔵したオールインワンパッケージとなっています。

 パッケージには機器代のほか、10年分のサービス利用料と通信費が込みとなっているため、インターネット環境が整っていない新築の住宅や別荘等のほか、モバイルルータのみご利用のご家庭でも、通信回線の手続き無しに、すぐに“エコめがね”のご利用が可能となります。
 なお、受注後の商品出荷は9月を予定しております。

【ご縁ソーラープロジェクト第II期の募集について】
 2014年4月より事業開始した、未稼働の太陽光発電案件を稼動促進する事業「ご縁ソーラープロジェクト」について、2014年8月31日までを第II期(投資規模5億円予定)として案件募集を行います。第II期においては、固定価格買取制度による36円(もしくは32円)以上の未稼働となっている太陽光発電設備で、かつ1kWあたりのシステム・施工単価が25~30万円の案件について募集を行います。対象エリアは全国とし、NTTスマイルエナジーの「エコめがね」をお取り扱い頂いている太陽光発電システム販売事業者様等と連携して案件情報の募集を進めて参ります。

【ご縁ソーラープロジェクト 第I期の募集結果について】
 2014年4月3日より4月30日まで実施した「ご縁ソーラープロジェクト」第I期募集においては、合計137基分のエントリーを受け付けました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング