ブックマーク(お気に入り)流入が多いサイトランキング

PR TIMES / 2014年12月16日 11時48分

- [VALUES eMark+]で見る! WEBサイトのブックマーク利用実態調査 -

◆サイトにアクセスする際に、ブックマークを「ほぼ毎日」利用するユーザーは約6割。
◆「FC2」や「Ameba」などのブログや、銀行など金融機関サイトは、ブックマーク流入が多い。
◆「weathernews」等の天気情報や、生協の宅配など日常的に利用するサイトは、ブックマーク経由の流入がサイト訪問者の半数を超える。証券会社・銀行のWEBサイトもブックマークの流入割合が高い。




 ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、一般ネットユーザーの行動ログとデモグラフィック(属性)情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、サイトのブックマーク(お気に入り)の利用実態について調査・分析しました。

【調査・分析概要】
 ヴァリューズが保有する全国のモニター会員に対し、2014年12月2日~8日に、ブックマーク(お気に入り)利用調査を実施(20代以上の男女/回答者:15,005人)。加えて、2014年9月~11月のネット行動ログデータを解析し、ブラウザのブックマーク(お気に入り)機能を利用したアクセスを集計。ブックマーク経由の流入が多いサイトをランキングして分析しました。
分析ツールは、インターネット行動ログ分析サービス「VALUES eMark+」を用いています。
※ネット行動データはPC上のログが分析対象。サイトカテゴリはヴァリューズが独自に定義。

【結果サマリー】
◆サイトにアクセスする際に、ブックマークを「ほぼ毎日」利用するユーザーは約6割

 アンケート調査にて、サイトにアクセスする際のブックマーク利用頻度をたずねたところ、「ほぼ毎日」と回答したユーザーが62.3%にのぼりました。アンケートによると、約8割以上のユーザーが週に1回以上、ブラウザのブックマークを使ってサイトにアクセスしているようです。【図1】
 また、閲覧しているサイトをブックマークに登録する理由をたずねると、「次回から簡単にアクセスしたい」が87.5%と最も多く、次いで「頻繁に利用するサイトだから」(39.4%)、「検索してアクセスするのが面倒」(30.1%)と続きました。【図2】
 リピート利用したいサイトへすぐアクセスできるように、ブックマークに登録しておく傾向が強いようです。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング