ブロケード、イーサネット・ファブリックにおける優位性を拡大する 新機能および新製品群の提供を開始

PR TIMES / 2014年3月4日 12時40分

~クラウドにおけるマルチテナント対応を容易に実装可能なBrocade VCS Virtual Fabricなどの機能強化により、オンデマンド・データセンター構想を一層強力に推進へ~

ブロケードは、同社のイーサネット・ファブリック技術であるBrocade VCSの最新機能と、最新OSに対応する新製品群の提供を開始したことを本日発表しました。

2014年3月4日
《報道資料》
ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社

ブロケード、イーサネット・ファブリックにおける優位性を拡大する
新機能および新製品群の提供を開始

~クラウドにおけるマルチテナント対応を容易に実装可能なBrocade VCS Virtual Fabricなどの機能強化により、オンデマンド・データセンター構想を一層強力に推進へ~

【本日の発表の要点】 ---------------------------------------------------------

●ブロケードは、同社のイーサネット・ファブリック技術であるBrocade VCSの最新機能と、最新OSに対応する新製品群の提供を開始したことを発表しました。

・ Brocade VCS Virtual Fabric:クラウドにおけるマルチテナント環境の容易な実装を実現

・Brocade VDX 6740T-1G:ソフトウェア・ライセンスを通じて10GbEにアップグレード可能な業界初のファブリック対応1ギガビット・イーサネット(GbE)トップ・オブ・ラック・スイッチ

・Brocade VDX 8770用モジュール各種: 10GbEBase-Tから40GbE、100GbEまでを網羅するBrocade VDX 8770向けの包括的な次世代ライン・カードの新製品群

●ブロケードはまた、2014年3月に発売を予定しているVCS Gateway for VMware NSXのトライアル使用を実施していることを本日併せて発表しました。

---------------------------------------------------------------------------

ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:青葉 雅和、資本金:3億3,215万円)は、同社のイーサネット・ファブリック技術であるBrocade(R) VCS(R) Fabricテクノロジの新機能、および同対応製品ラインナップであるBrocade VDX(R)スイッチの各種新製品の提供を開始したことを発表しました。Brocade(R) VDXスイッチは、全世界ですでに1,700社以上の顧客に採用され、累計で55万ポート以上の出荷実績を記録しています。今回の新機能および新製品の投入は、イーサネット・ファブリックにおける業界最大規模の導入実績を誇るブロケードの、同分野における優位性を一層拡大するものです。これにより、物理と仮想の世界を融合し、ネットワークの仮想化と自動化、さらに利用効率と性能の飛躍的な向上を実現する「オンデマンド・データセンター構想」をさらに強力に推進していきます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング