6月20日は「世界難民の日」

PR TIMES / 2014年6月20日 10時21分

紛争の続くシリアから隣国ヨルダンへ避難してくる難民は、2014年9月には約55万人にのぼり、そのうち約19万人が就学期の子どもだといわれています。国境なき子どもたち(KnK)は、シリア難民の子どもたちが安全な環境で学び、少しでも子どもらしい時間を持てるよう、支援活動を続けています。



1.支援を必要とする背景
紛争の続くシリアから隣国ヨルダンへ避難してくる難民は、2014年9月には約55万人にのぼり、そのうち約19万人が就学期の子どもだと言われています。彼らはその困窮した生活環境が故に児童労働や武装勢力への関与等のリスクにさらされており、このままではシリア人に学校教育を受けていない「失われた世代」が生まれてしまうことになります。

学校教育の機会を逃していたシリア難民の子どもたちの「教育を受ける権利」を守るべく、公式教育への継続したアクセスを援助する取り組みを行うことにしました。

また、ヨルダン国内にいるシリア難民の約75%の人たちが難民キャンプの外に住んでいると言われており、受け入れ側であるヨルダンの教育現場における負担は非常に大きく、キャパシティ不足の問題が指摘されています。そこで、学校教育を担うヨルダン教育省への支援を通じて、受け入れ側の能力強化および負担の軽減をはかる取り組みも同時に行うことにしました。

2.具体的な活動内容
シリア難民の子どもはヨルダン公立校に転入したものの、カリキュラムの違いや通学できなかった期間があることで学習に遅れが生じ、進級できず、継続した教育を受けられないといった事態が起きています。こういった問題に対応するために、ヨルダンの中でもシリア難民が多いイルビッド県及びマフラック県の公立校13校において2,340人のシリア難民生徒を対象に進級のための特別授業を実施します。

また、ヨルダン教育省と協働の運営委員会を設立し、進級支援プログラムの策定やモニタリング、定例会議を通して、教育省の能力強化を図ります。さらに、今回のプログラムのために新たに雇用する教員に対して研修を実施し、教員がヨルダンにおける現在の学校教育の課題やシリア難民生徒の各教科における弱点を知り、加えて、困難な状況にある子どもへ指導・対応する際の心構えや教員自身のストレスマネジメント法を学ぶことで、質の良い学習環境を提供します。

長引く紛争の影響を受け将来の見えない状態を強いられている子どもたち。
彼らが、安全な環境で学び、少しでも子どもらしい時間を持てるよう、KnKは支援活動を続けて参ります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング