GE、再生可能エネルギーへの累積投資額が100億ドルに ~クリーンな電力供給および雇用創出を実現~

PR TIMES / 2014年4月28日 13時19分

*本報道資料は米国にて4月24日に配信された内容を抄訳したものです。



2014年4月24日 米国コネティカット州スタンフォード

GEエナジー・ファイナンシャル・サービス は再生可能エネルギーの累積投資額がグローバルで100億ドルを超えたと発表し、業界有数の投資企業となったことを表明しました。投資先の数々の事業はロサンゼルスでの年間電力使用量の2倍に相当する発電をおこない、マサチューセッツ州の年間自動車排気量と同量の温室効果ガスを削減し、米国内で約1万件の雇用を創出しております。

風力発電や太陽光発電などの再生可能エネルギー事業は、GEのエネルギー事業全体の中でも特に成長が著しく、GEの様々なエネルギー技術の導入を促進しており、GEエナジー・ファイナンシャル・サービスは今後も年間10億ドル以上を投資していく予定です。

「当社の再生可能エネルギーへの急速な投資増は、GEの顧客や投資家のみならず、社会に幅広く貢献するものです。新規の計画的投資を活発に推し進めていくに従い、このような利益は増えていくでしょう。リスク調整後収益をもたらし、GEのエネルギー事業の成長を促進し、顧客に大いなる価値をもたらします。」と、GE エナジー・ファイナンシャル・サービスの代表取締役社長兼CEOであるデイビッド・ネイソンは述べています。

GE エナジー・ファイナンシャル・サービスが投資した再生可能エネルギー事業は、370万世帯の電力消費量に値する17ギガ・ワット分の発電を可能とし、これはロサンゼルス全体の世帯消費量の2倍に相当します。100億ドルを超える累積再生エネルギー株および債券投資のうち、80億ドルが12ギガ・ワット強分の風力発電施設へ、17億ドルが1ギガ・ワット分の太陽光発電設備へ、残りはその他の再生可能エネルギー事業へ充当されています。投資先地域は多様で16ヶ国と28州に及び、18の州においてRPS(再生可能エネルギー使用基準)を満たす役割を果たしています。

米国環境保護庁の分析によると、本再生可能エネルギー事業は自動車560万台分に相当する約2,600万トンの温室効果ガスを削減し、国際再生可能エネルギー研究所とGEモデリングによる予測では、本事業により米国において約1万件の直接雇用を生み出しております。

GE エナジー・ファイナンシャル・サービスの主要事業としては現在、南カリフォルニアにおける550メガ・ワットのデザート・サンライト太陽光発電所が完成段階を迎えており、GEのインバーターが導入されている本事業ではすでに375メガワット以上を発電しています。またアイルランドや米国ネブラスカ州、イリノイ州、そして風力発電導入規模としては米国最大のテキサス州において風力発電施設を建設中です。建設中もしくは建設済みの風力発電施設では4,400機以上のGE製タービンが使われており、資本と技術双方におけるGEの卓越した優位性を示しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング