どれをとっても一つ100円!SNS映えする「ワンプレートおせち」にも最適昨年度79万個以上売れた人気シリーズ「100円おせち」12月25日販売開始!

PR TIMES / 2017年11月15日 11時1分

株式会社ローソンストア100(本社:東京都品川区)は、「100円おせち」全22種類(中京エリアのみ23種類)を12月25日(月)よりローソンストア100店舗(795店舗/2017年10月末現在)にて販売開始します。



■「100円おせち」とは
おせちの定番である蒲鉾(かまぼこ)、伊達巻、黒豆、昆布巻、栗きんとんなどの少量パックを一つ100円で販売いたします。単身世帯や夫婦二人暮らしなど少人数世帯の増加や、ライフスタイルの多様化によっておせちを「必要な量だけ」「必要なものだけ」単品ごとに選んで購入できる「100円おせち」は、年々その需要が高まっています。
[画像1: https://prtimes.jp/i/25635/19/resize/d25635-19-827449-0.jpg ]



■少人数世帯の増加、ライフスタイルの多様化によってますます需要の高まる「100円おせち」
2012年度に15種類だった100円おせちは、年々種類を増やし2017年は過去最多の22種類(中京のみ23種類)を販売いたします。販売数も伸長を続けており、昨年(2016年度)は約79万個を販売し対前年比130%以上伸長しました。2017年度は、より気軽におせちを楽しんでいただけるよう、自社のホームページやSNSなどを通して「ワンプレートおせち」を提案し、さらに110~120%の伸長を目指します。
[画像2: https://prtimes.jp/i/25635/19/resize/d25635-19-463936-1.jpg ]


<100円おせちを盛り付けたワンプレートおせち(例)>


■美味しい「おせち」が100円で商品開発できるヒミツとは・・・
「100円おせち」は全品、安心・安全の国内メーカーにて製造。また老舗専門店や高級おせちも手掛けるメーカーと共同開発をし、「美味しさ」「品質」も追及しています。「100円」で販売できるヒミツの一部をご紹介いたします。

例1)蒲鉾(かまぼこ)が100円でできる理由⇒「大量発注・大量販売」
蒲鉾は、白1種類、赤1種類に絞り込んで展開するため、販売数は白・赤合計で約20万本にものぼります。
これだけの販売数量を1年前からコミット(メーカーに約束)するため100円のかまぼこが実現できています。

例2)伊達巻が100円でできる理由⇒「オフシーズンのちりめんじゃこ工場で製造」
静岡県御前崎、海のそばにあるちりめんじゃこ工場で伊達巻を作ってもらっています。ちりめんじゃこ工場は春・夏は忙しく稼働しますが冬はオフシーズンとなるため、その工場を活用することでコストを抑えて製造できます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング