1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

11月17日はティールブルーの灯をともして「子宮頸がん」から未来と笑顔をまもる!TEAL BLUE JAPANキャンペーン開催。

PR TIMES / 2021年11月18日 9時45分

『ティールブルージャパン(Teal Blue Japan)』は、子宮頸がん検診の受診啓発とHPVワクチンの正しい知識の理解促進を目指した、世界保健機構(WHO)連動ライトアップキャンペーンです。



[画像: https://prtimes.jp/i/27307/19/resize/d27307-19-f5188c598f5741ddcee0-0.png ]


女性の健康教育と予防医療の推進を行う一般社団法人シンクパール(東京都千代田区、代表理事:難波美智代)は、京都ティール&ホワイト(医療法人財団今井会足立病院)、世界保健機構(WHO)と連動し、子宮頸がんをなくす活動のテーマカラーである「ティールブルー(Teal Blue)」をアイコンに、11月17日に日本のランドマークをライトアップするプロジェクト 『ティールブルージャパン(Teal Blue Japan)キャンペーン』 を実施しました。

本プロジェクトは、子宮頸がん検診の受診啓発とHPVワクチンの正しい知識の理解促進、さらには医療従事者のエンパワーメントに貢献することを目指し、今後も毎年11月17日に、日本の様々なシチュエーションでティールブルーの灯をともす活動を広げ、この想いを未来につないでいく予定です。

日本では毎年約1万人の女性が新たに子宮頸がんと診断され、約2,800人もの尊い命が亡くなっています。2020年WHOでは、子宮頸がんを撲滅するためのグローバル戦略を立ち上げ、世界194カ国の決議で可決されました。

○キャンペーン開催概要
【期間】 2021年11月17日(水)~2022年11月16日(水)
【主催】 一般社団法人シンクパール
【共催】 京都ティール&ホワイト(医療法人財団今井会足立病院)
【後援】 世界保健機関(WHO)、厚生労働省、滋賀県

【公式SNSページ】
https://www.facebook.com/TealBlueJapan
https://twitter.com/TealBlueJapan
https://www.instagram.com/tealbluejapan

【関連ハッシュタグ】
#GlowTeal
#TealBlueJapan
#Kyototealandwhite
#Kyototealandwhite2021
#WHO

【2021年ライトアップ実施会場】
大阪城、阪急グランドビル、梅田阪急ビル、あべのハルカス、難波別院(南御堂)、滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール、神戸三宮阪急ビル、京都タワー、二条城、ワコール新京都ビル、京都府立医科大学、学校法人瓜生学園京都芸術大学学校法人聖母女学院、学校法人ノートルダム女学院、京都信用金庫、足立病院、社会医療法人博愛会相良病院(鹿児島)、熊本大学(順不同)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください