〈E-BIKEアクションしまなみ〉長距離や急な坂道もスイスイ進む!E-BIKEサイクリングツアーを開催

PR TIMES / 2019年11月25日 13時15分

「ナショナルサイクルルート」に指定されたしまなみ海道で、快適なサイクリングをしながら雄大な自然を堪能

2019年11月23日(土・祝)に「サイクリストの聖地」しまなみ海道で、E-BIKEを使ったスペシャルサイクリングツアー「E-BIKEで亀老山チャレンジ!」を開催しました。体力に自信がなく今までサイクリングをしたことがない方や、長距離サイクリングや坂道が続くサイクリングをあきらめている方など、サイクリング未経験者を中心とした方々に、E-BIKEサイクリングの魅力を体験していただくため、10月の実施に続き2回目の開催となりました。



前回のツアー参加者から「普段自転車を使わない自分でも坂道を楽しく登れた」や「E-BIKEは想像以上にスイスイ進んで気持ちよかった」といった反響もあり、今回は定員20名を大幅に超える約100名もの応募がありました。今回のツアーも50代のサイクリング初心者を中心とした方々に参加いただきました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/32851/19/resize/d32851-19-943553-0.jpg ]


今回もツアーガイドとしてプロのサイクリストである門田基志(かどた・もとし)さんをお招きしました。ツアー前に、しまなみ海道の入り口付近にあるマリーナパーク王浜で門田さんによるバイクフィッティングと講習会を行いました。門田さんは「E-BIKEは電動アシストのバッテリーが重く、サドルが高すぎるとフラつくため、しっかり身長にあったものを選ぶことが大事。また、ブレーキの効きも強いので慣れるための練習を行っていきます」と参加者に伝え、全員で電動アシストに慣れるための練習を行いました。練習後、参加者から「漕ぎ出しにびっくりした。電動アシストのおかげでしっかり押されている感じがする。これから亀老山を登っていくのが楽しみ」と初めて体験するE-BIKEの乗り心地について驚き、これからスタートするツアーへの期待の声が上がっていました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/32851/19/resize/d32851-19-915427-1.jpg ]


さわやかな秋晴れのもと、ツアーはスタート。コースはマリーナパーク王浜を出発後、しまなみ海道の来島海峡大橋を渡り、絶景スポットで有名な大島の亀老山(きろうさん)展望公園までE-BIKEで往復します。
目的地の亀老山展望公園にたどり着くには、屈強なサイクリストでも「激坂」と呼ぶ急こう配の亀老山を登りますが、こういった坂もラクに登れることがE-BIKEの大きな魅力。今回もE-BIKEの電動アシストによって参加者たちはスイスイ登って行きます。展望公園に到着した参加者は山頂から見えるしまなみ海道の雄大な景色に感動し、再び来島海峡大橋のサイクリングを満喫後、無事にツアーを終了しました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/32851/19/resize/d32851-19-763787-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/32851/19/resize/d32851-19-508607-6.jpg ]


2回のE-BIKEサイクリングツアーを終えて、ツアーガイドの門田さんにお話を伺いました。「アップダウンが嫌でしまなみ海道のサイクリングを敬遠する人もいるが、E-BIKEなら年齢、性別、体力差に関係なくチャレンジできることがイベントを通じて再実感できた。E-BIKE先進エリアのヨーロッパでは、高齢の方でもE-BIKEで山を登って観光している人も多い。亀老山をはじめとした激坂スポットがあるしまなみ海道も、ヨーロッパのように多くの方がE-BIKEで楽しめる場所になっていってほしい。しまなみ海道は、道の駅などサイクリストにとって便利なスポットが多く、国内では先進的な取り組みをしており、これから世界基準のサイクルルートになっていくことを期待している」とE-BIKEの可能性としまなみ海道のサイクリングの魅力を語っていただきました。

E-BIKEとは?
「E-BIKE」は電動アシスト機能が付いたスポーツタイプの自転車で、既に海外では人気が高まりをみせるなか、昨年、日本も「E-BIKE元年」と呼ばれ、ニュースやテレビ番組で取り上げられるなど、トレンドのひとつになってきています。マーケット拡大に向けた業界の動きも活発化しており、今後、国内においても、シニア層や女性層など、年齢、性別、体力に関係なく、幅広い層が楽しめるE-BIKEの需要が高まってくると予想されます。

E-BIKEアクションについて
自治体と民間企業が一体となって、サイクリングの人気スポットであるしまなみ海道からE-BIKEの魅力を発信し、E-BIKEでの新しいサイクリングライフを提案していきます。
[画像5: https://prtimes.jp/i/32851/19/resize/d32851-19-278223-4.png ]




E-BIKEアクションしまなみ参画者一覧
〈自治体〉愛媛県、広島県、今治市、尾道市
〈メーカー〉グローブライド(株)、(株)ジャイアント、パナソニックサイクルテック(株)、(株)プロト、(株)BESV JAPAN、ボッシュ(株)、(株)ミヤタサイクル、ヤマハ発動機(株)  ※五十音順
〈レンタサイクル事業者〉今治市サイクリングターミナル サンライズ糸山、一般社団法人 しまなみジャパン


[画像6: https://prtimes.jp/i/32851/19/resize/d32851-19-302866-5.png ]


※E-BIKEアクションしまなみについては、公式ホームページをご覧ください
https://e-bike-action.com/

ナショナルサイクルルートとは?
日本を代表し、世界に誇れるサイクリングロードについて国内外へPRを図ることを目的とし、一定水準を満たすルートを対象に、自転車活用推進本部長(国土交通大臣)が認定する制度。
11月7日(木)に発表された第1次ナショナルサイクルルートとして、「しまなみ海道サイクリングロード」が指定された。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング