アジアで注目される若手DJ/プロデューサーBUNNY(バニー)が8/28(水)に6曲収録のEP「Revelation EP」をリリース

PR TIMES / 2019年8月28日 14時40分



[画像1: https://prtimes.jp/i/44094/19/resize/d44094-19-178845-0.jpg ]



様々な海外アーティストからの賞賛を浴びている若手日本人DJ/プロデューサーのBUNNY(バニー)が6曲入りのEP「Revelation EP」をリリースする。

BUNNYは高校生の頃からDJ活動を開始。10代の間で圧倒的人気を誇るDJであったが21歳から音楽プロデュースにも注力する。プロデューサーとして活動開始2ヶ月でネットに投稿した「BTS - Fake Love(BUNNY Remix)」は韓国で開催された「ULTRA KOREA 2018」でZEDDがプレイ。これがZEDD、BTSの両アーティストから賞賛され、一夜にして世界から注目される存在となった。さらに翌年には韓国の人気プロデューサーデュオ、GroovyRoomが「BLACKPINK – Kill This Love(BUNNY Remix)」を「ULTRA KOREA 2019」でプレイ。韓国、台湾、ジャカルタ、シンガポールなどアジア圏のファンを多く抱える。特にSpotifyでは、日本より台湾、インドネシアで多く聞かれていて、今ではアジアのアーティストが彼の作る作品に熱い視線を注いでいる。

[画像2: https://prtimes.jp/i/44094/19/resize/d44094-19-384112-1.jpg ]


今作のEP「Revelation EP」は5週連続でリリースされた5作のシングルに新曲を加えてリリースされた。収録曲には「Killer Queen」や「WAKANDA」など幼少期から洋楽やアメコミに影響を受けてきた彼のルーツを感じさせるタイトルも散りばめられている。

今回のEPに収録される新曲「Falling Down」はイタリアのパンクバンド VooDoo Juiceが参加。BUNNYが昨年リリースした「Sick-Hearted feat.Becko」を VooDoo Juice のメンバーが気に入っていたことや、音楽の趣味が合ったことで意気投合し、楽曲制作に至った奇跡の1曲だ。今作は両者がリスペクトするロックバンド Blink 182 にインスパイアされた“パンクロック×EDM”のハイブリッドトラックに仕上がっている。

また今作の収録曲はギターパートの演奏からマスタリングまで自身で手がけるなど、並外れた才能を存分に発揮している。


■Release:2019/8/28(水)「Revelation EP」

■楽曲情報
1. Killer Queen
2. WAKANDA
3. R.A.V.E
4. LIKE A ’69
5. Falling Down (feat. VooDoo Juice)
6. Lost In The Night

楽曲はこちら
https://linkco.re/ymqaX7y6

■BUNNY(バニー)Profile
17歳から活動をスタートした現在22歳の若手DJ。

キャリア4年目となる21歳で制作活動をスタートし、開始2カ月でSound Cloud上にアップした「BTS-Fake Love (BUNNY Remix)」がULTRA KOREA2018にてZedd,Spectrum Dance Music FestivalにてSalvatore Ganacciにてそれぞれプレイされ、一躍脚光を浴びる存在となる。

「高校生DJ」としてSNSを中心に話題となった過去もあり、若い層からの圧倒的な支持を持つ彼は、10代の頃から培ったクラウドとの相性も若手の中では群を抜いて存在感を放っており、音楽関係者からの評価も高い。

2018年には、ageHaにてHALLOWEENや16 th Anniversary、COUNTDOWN to 2019 など主なイベントでプレイしている。

2018年11月には、オリジナルトラック「Sick-Hearted feat. Becko」をリリースしてFuture Pankというジャンルを確立、同年12月には、日本各地の若手プロデューサー達と「Sick-Hearted feat. Becko」のリミックス集をリリース、2019年1月には, Max Landryをフューチャリングした「Our Love」「Our Love (Emo Mix)」の2バージョンでリリース、3月には、初めてラッパーであるxDiemondxをフューチャリングした「The End」「The End(Emo Mix)」の2バージョンでリリース、またSpotifyでは、Early Noiseをはじめとするいくつもの主要プレイリスト カバーをゲットしている。

過去には、自身のMix CDが立て続けにiTunesダンスチャート上位入りするなど、数多くの実績も兼ね備えたかつての高校生DJは、今最も勢い溢れる若きアーティストへと成長を遂げている。

■関連サイト
Twitter : @BUNNY_JPN
Instagram : @bunny_jpn

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング