アフターコロナを生き延びるために。新刊「あなたの会社の新収入源 空き家・古家不動産投資で利益をつくる」に関する書評依頼。

PR TIMES / 2020年9月29日 12時45分

一般社団法人全国古家再生協議会(ゼンコクフルイエサイセイキョウギカイ 所在地:大阪府東大阪市布市町)の代表を務める大熊重之(オオクマ シゲユキ)は、8月23日(日)に新刊「あなたの会社の新収入源 空き家・古家不動産投資で利益をつくる」(フォレスト出版)を全国の書店にて取り扱いを開始しました。価格は1650円(税込)ホームページ〈 https://zenko-kyo.or.jp/



一般社団法人全国古家再生協議会(ゼンコクフルイエサイセイキョウギカイ 所在地:大阪府東大阪市布市町)の代表を務める大熊重之(オオクマ シゲユキ)は、8月23日(日)に新刊「あなたの会社の新収入源 空き家・古家不動産投資で利益をつくる」(フォレスト出版)を全国の書店にて取り扱いを開始しました。価格は1650円(税込)です。

■この本は、一見不動産投資の本のようですが、実は違います。

[画像1: https://prtimes.jp/i/52342/19/resize/d52342-19-481657-1.png ]


この本は、一見不動産投資の本のようですが、実は違います。激変する環境に中小零細・個人事業主が生き残る術が書かれている経営書です。

「資産で稼がなければ生き残れない、企業も副業をしなければ生き残れない」という事実があります。

そのきっかけになるのが「空き家・古家不動産投資」であると、東大阪の町工場経営の著者は自分の事例を元に提言しています。

コロナショックで売上が9割落ちたがこの投資のおかげで余裕を持って経営出来ている実践例や、他の経営者の事例も含めこれからの中小零細・個人事業主の経営に生かせる仕組みをわかりやすく解説。また、空き家問題・年金問題などの社会問題を解決するツールとしても使えることを数字で表しています。

本来不動産は、どんな経営者にも関わる事項です。そこに対してあまりにも知識不足の経営者が多いのが現状です。この投資で経営者脳を柔軟にし、凝り固まった今までの経営手法を革新出来ることを伝えています。

中小零細企業・個人事業主の為の「身を守る術」でありアフターコロナをどう生きるかの指標となります。ご一報頂戴できましたら本書を郵送させていただきます。是非貴紙でのお取り計らい、及び書評を頂戴できれば幸甚です。


■書籍情報空き家・古家不動産投資で利益をつくる

[画像2: https://prtimes.jp/i/52342/19/resize/d52342-19-983778-0.jpg ]


著者:大熊重之
定価:本体1,650円(税込)
電子版価格:1,320円(税込)


■一般社団法人 全国古家再生推進協議会とは?

[画像3: https://prtimes.jp/i/52342/19/resize/d52342-19-983077-2.png ]


築古民家を再生し地域の防犯・活性化につなげることを目的として設立した一般社団法人です。

当協議会では、それぞれの専門分野の専門委員の力を集結し、放置された空き家やこれから増加する古家・廃家を価値あるものに再生し、地主さん・大家さん・工務店などにも収益を発生させる仕組みを作ります。スクラップ&ビルドのまちづくりを改め、再生まちづくりを推進することで町の防犯や活性化につなげる活動をしています。

<協議会概要>
社 団 名: 一般社団法人 全国古家再生推進協議会
代 表 者: 理事長 大熊 重之
所在地(本部): 〒579-8004 大阪府東大阪市布市町3-2-57
U R L: https://zenko-kyo.or.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング