1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

国際デザイン賞(IDA)受賞の先端技術搭載 郵便の発送業務を、もっと手軽に、スピーディーに SendPro(R) C Autoを発売

PR TIMES / 2023年12月5日 11時45分

高速オートフィーダー機能を搭載 最新の「郵便料金計器※1」で発送業務の更なる効率化を実現

ピツニーボウズジャパン株式会社(本部:アメリカ コネチカット州 所在地:東京都品川区 代表者:田邉卓也)は、郵便物発送の効率化を推進するデジタルOA機器SendPro(R)シリーズの最新モデル「SendPro(R) C Auto」を12月5日より発売開始いたします。SendPro(R) C Autoは、従来機のSendPro(R) Cプラットフォームの郵送・発送技術に加え、新たに毎分最大120通のスピードで郵便物を処理できる高速オートフィーダーを搭載し、オフィスの更なる生産性向上を目指します。厚みのある小包や大型郵便の場合には印字シール発行機能で処理可能です。また部門ごとの出荷・郵便料金を簡単にデジタル一元管理することが可能となり、オフィスの発送業務の効率化を実現します。

(※1 「郵便料金計器」とは、切手の代わりに料金を郵便物に直接印字するOA機器です。印字した郵便物はそのままポスト投函が可能で、郵便料金は翌月一括払いに。切手の管理や差出票の作成、郵便物差出のために郵便局の窓口に並ぶ時間や手間を削減します)



[画像1: https://prtimes.jp/i/88304/19/resize/d88304-19-505e9425fe46f39a369c-0.jpg ]


[画像2: https://prtimes.jp/i/88304/19/resize/d88304-19-236b541a10ce98b31996-1.png ]


ピツニーボウズジャパン代表取締役社長の田邉卓也は、「SendPro(R) C Autoは、弊社の主力製品シリーズの最新モデルとして、より多くのお客様の生産性・効率性向上に利する先端技術の粋を結集させたものです。米国で創業以来100年を超え、発送・郵送ソリューションにおいてすべての産業分野でマーケットリーダーである弊社の技術力により、日本市場の特性に対応した製品をお届けし、お客様のビジネスの信頼性を高め、私どもも日本でのさらなる成長と成功を目指しています」と述べています。

本機に搭載された大画面フルカラータッチパネルと一体型スケールにより、迅速かつ簡単に発送作業を効率化することが可能です。世界で10万台以上の導入実績があるSendPro(R) Cシリーズは、ピツニーボウズの主力製品としてオールインワンの発送技術を集結したものであり、製品デザインにおける画期的な業績を表彰する国際デザイン賞(International Design Award 2017)を受賞しております。

<製品の特長>
- 7インチの大画面カラータッチパネルによる直感的な操作性。
- 最大120通/分のオートフィーダー搭載で大量の郵便物に素早く対応、厚みのある郵便物にも対応。
- 部署集計の自動化で、日計・月計・種別データ等のコスト管理が簡単、スマートに。
- 宅配便送り状ラベル発行機能(オプション)。※日本郵便とヤマト運輸に対応。
※計量できる郵便物の最大重量は、SendPro(R) C Autoは3kgまで、SendPro(R) C Auto HCは7kgまでとなります。詳しくは製品仕様表をご確認ください。
[画像3: https://prtimes.jp/i/88304/19/resize/d88304-19-f87cc26d3e826af3aa77-2.png ]


SendPro(R) C Auto詳細ページ: 
https://www.pitneybowes.com/jp/shipping-and-mailing/postage-meters/sendpro-c-auto.html

【シリーズ新機能】
★MyGraphics Designer (広告画像の印字) ※2
郵便料金の印影の横に会社の広告等を表示することができます。無償で使えるMyGraphics Designerをご利用いただくと、お客様がデザインされた広告画像をWebブラウザ経由でアップロードし、本機器にインストールすることが可能です。お好みの図柄、文書を印字することで封筒を広告スペースとして活用できます。
[画像4: https://prtimes.jp/i/88304/19/resize/d88304-19-4a021da264881a400509-5.png ]

★ディファレンシャル ウェイング機能 ※2
同じ種別で様々な重量の郵便物が大量にある場合でも、この機能を使えば簡単に処理できます。対象郵便物をまとめてスケールに載せてから1通ずつマシンに通すと自動的に重量に応じた郵便料金を印字します。1通ずつスケールに載せて料金を確認する必要はありません。
[画像5: https://prtimes.jp/i/88304/19/resize/d88304-19-679e585432315bdf045d-3.jpg ]


※2 同新機能搭載機
SendPro(R) C シリーズ:
https://www.pitneybowes.com/jp/shipping-and-mailing/postage-meters/sendpro-cseries.html
SendPro(R) C+ シリーズ:
https://www.pitneybowes.com/jp/shipping-and-mailing/postage-meters/sendpro-plus.html

<製品仕様表>

[画像6: https://prtimes.jp/i/88304/19/resize/d88304-19-1c89220db54eea067d67-4.png ]


ピツニーボウズについて
ピツニーボウズ(ニューヨーク証券取引所:PBI)は、フォーチュン500社の90%以上の企業にテクノロジー、物流、金融サービスを提供している世界的な発送・郵送会社です。世界中の中小企業、小売、企業、政府機関のお客様が、郵便物や小包を送る際の複雑さを解消するためにピツニーボウズを利用しています。2020年には、米国で創立100周年を迎えました。詳細については、ピツニーボウズのホームページ(https://www.pitneybowes.com/jp)をご覧ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください