自動車用安全システムメーカーのタカタと三越伊勢丹がコラボレーションしたチャイルドシートを限定発売

PR TIMES / 2014年3月10日 12時0分

~三越伊勢丹にて今月から発売開始~

シートベルト、エアバッグ、チャイルドシートなどの自動車用安全システムを提供する専門メーカー、タカタ株式会社(CEO:高田重久 本社:東京都港区、以下タカタ)は、株式会社三越伊勢丹(代表取締役社長執行役員:大西洋 本社:東京都新宿区)とコラボレーションした限定デザインのISOFIXチャイルドシート※1を、三越伊勢丹店舗にて今月発売いたします。






三越伊勢丹限定モデルのベースとなるチャイルドシート「takata04-i fix」は、「簡単」「確実」「安全」という3つのキーワードをもとに開発されました。車のシートベルトを使わずに装着するISOFIX方式や、チャイルドシート本体とベース部分が分かれる完全セパレート構造、ひと目で取り付け状態がわかるカラーインジケーターなどを採用することで、女性でもわずか15秒で簡単・確実に取り付けができます(タカタ調べ)。

また、国土交通省と自動車事故対策機構が実施しているチャイルドシートアセスメントにおいて、2012年度には、ISOFIX方式のチャイルドシートとして初めて、乳児用・幼児用の両モードで最高評価の「優」を獲得し、2013年には、商品の美しさのみならず、「くらしを、社会を、豊かにしうるのか」といったデザインの効果・効用などの視点から評価されるグッドデザイン賞を受賞する等、各方面から高い評価をいただいております。

三越伊勢丹限定モデルは、乳児用プロテクトクッションの形状を見直し乳児のホールド性を高め、ベース部分にはガーニッシュを採用し豪華さを演出しています。

タカタでは、今回の三越伊勢丹限定モデルの発売を機に、ISOFIXチャイルドシートのさらなる普及を目指してまいります。


タカタは、車のあらゆる乗員と、それを取り巻く社会全体を見据え、タカタの夢である「交通事故による犠牲者がゼロになる日」を願って、これからも自動車の安全システムを追求し続けてまいります。


■取り扱い店舗
伊勢丹新宿店本館6階 マタニティ新生児ショップ  03-3352-1111(大代表)
日本橋三越本店新館6階 ベビーサロン        03-3241-3311(大代表)
銀座三越10階 エムズエンジェル            03-3562-1111(大代表)

■本体価格 55,000円

■カラー   パープル(写真)、アイボリーの2色

※1 ISOFIXチャイルドシート
取り付けミスの防止、自動車への適合性の向上、取り付け方法の国際的な統一を目的とした ISO(国際標準化機構)規格の固定方式を採用したチャイルドシート。 シートベルトで装着する従来のチャイルドシートとは異なり、自動車とチャイルドシートに装備された専用の固定装置を使用して直接装着するため、誤装着を大幅に減らすことができる。


■商品特徴
・取り付けがわかるカラーインジケーター
セットが完了すると「カチャッ」という音がしてインジケーターが赤から青に変わります。

・タカタ独自のセパレート構造
取り付けしやすく、お子さまの成長に合わせてシート本体の向きも簡単に操作できます。

・マグネットタング&自立バックル
左右のタングが磁石で合体、自立したバックルと合わせ、片手で簡単にハーネスをお子さまに装着できます。

・ブレスエアー(R)素材
汗をかきやすいシート背面部に、東洋紡績(株)のブレスエアー(R)を使用し、通気性の向上を図っています。


■会社概要
・会社名: タカタ株式会社
・創業: 1933年
・本社住所: 東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズサウスタワー
・代表者: 代表取締役会長兼CEO 高田重久
・資本金:         41,862百万円(2013年3月時点)
・連結売上高: 415,521百万円(2012年4月~2013年3月)
・従業員: 36,152人(2013年3月時点) ※連結ベース
・グローバル生産拠点: 日本・アジア・欧州・米州で、20カ国 56工場(2013年9月時点)
・事業内容: シートベルト、エアバッグ、ステアリング・ホイール、トリム、
チャイルドシート等の製造販売


※ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング