ブレインパッド、広告出稿・プロモーションの費用対効果を予測・最適化・シミュレーションする 「marketingQED(マーケティングキューイーディー)」を提供開始

PR TIMES / 2012年1月17日 15時30分



株式会社ブレインパッド(本社:東京都品川区、代表取締役社長:草野 隆史、東証マザーズ証券コード:3655、以下ブレインパッド)は、marketingQED LIMITED(本社:イギリス・ロンドン、CEO:グレン・グレンジャー、以下marketingQED社)と日本国内における独占販売契約を締結し、広告出稿・プロモーションの費用対効果を予測・最適化・シミュレーションする「marketingQED(マーケティングキューイーディー)」の提供を本日より開始します。

marketingQED(マーケティングキューイーディー)は、新聞・雑誌・テレビ・ラジオやインターネットメディアへの広告費用投資、各種プロモーション実施による集客・売上等の予測とコスト配分の最適化を実現するソフトウェアです。

■marketingQED の特徴
1.広告出稿量に対する集客・売上等の予測が可能
新聞・雑誌・テレビ・ラジオやインターネットメディアの中で、単独もしくは複数の出稿を行った場合の予測及びシミュレーションを売上高や来店者数などの要因を考慮した上で行うことが可能です。

2.売上に影響を及ぼす要因を可視化
marketingQED(マーケティングキューイーディー)は、従来難しいとされてきた企業活動の売上に影響を及ぼす要因(広告出稿、各種プロモーション、競合他社の広告出稿やプロモーション活動、価格設定など)がどの程度影響を及ぼしているのか可視化することが可能です。

3.集客・売上を最大化しコストを最適化
marketingQED(マーケティングキューイーディー)の最適化機能を利用することにより、決められた予算の中で最大限に集客・売上を達成するための費用配分をシミュレーションすることが可能です。そのため、集客・売上を最大化しコストを最適化することが可能です。

4.難解な統計知識やプログラミング知識が不要
marketingQED(マーケティングキューイーディー)は、難解な統計知識やプログラミングが不要なパッケージ・ソフトウェアです。簡単なボタン操作でグラフや表の作成が可能で、導入後からタイムリーな販売戦略策定を実現します。

■marketingQEDをお勧めしたい方
新聞・雑誌・テレビ・ラジオやインターネットメディア等の広告媒体を利用されている企業。特にメディア戦略立案担当者、プロモーション企画担当者。

■想定利用シーン
・効率的に年度・月次の広告費用投資配分計画を策定したい。
・思うように広告の効果が得られない。
・蓄積されたデータをマーケティング業務に有効活用したい。
・今よりも更に高い広告効果を得たい。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング