パラオ発行 2010~2011年 フェラーリの偉業 歴代F1マシーン10種コレクション 1ドルカラー銀メッキ銅貨10種セット 2月24日(金)より国内予約販売開始

PR TIMES / 2012年2月24日 11時22分



泰星コイン株式会社(本社:東京/社長:岡 政博)は、2 月24 日(金)より、「パラオ発行 2010~2011年 フェラーリの偉業 歴代F1マシーン10種コレクション 1ドルカラー銀メッキ銅貨10種セット」の国内予約販売を開始しました。
このコインコレクションは、フェラーリの栄光を彩った各時代のF1マシーンと伝説の名ドライバーたちを、銀メッキを施した正方形の銅貨にカラーで再現し、マシーン名、ドライバー名、F1レース名と開催日が刻まれています。10種類のコインは、美しいプルーフライク仕上げ(表面を鏡面状に磨き上げた状態に近い仕上がり)で、保管したまま鑑賞できるよう、台座の付いた透明のアクリル製ディスプレイケースに収められます。ディスプレイケースには、フェラーリのシンボル跳ね馬「カヴァリーノ・ランパンテ」のエンブレムが入っています。

■F1創設時から現代までの伝説のフェラーリマシン10種類がコインに!
 車名    /レース開催日・レース名 /ドライバー名
1.フェラーリ・500 F2 /1952年6月22日・ベルギーGP /アルベルト・アスカーリ
2.フェラーリ・D50    /1956年7月14日・イギリスGP /ファン・マヌエル・ファンジオ
3.フェラーリ・246 F1 /1958年7月6日・フランスGP /マイク・ホーソン
4.フェラーリ・156 F1 /1961年7月18日・ベルギーGP /フィル・ヒル
5.フェラーリ・158 F1 /1964年8月2日・ベルギーGP /ジョン・サーティース
6.フェラーリ・312T /1975年5月11日・モナコGP /ニキ・ラウダ
7.フェラーリ・126 C2 /1982年4月25日・サンマリノGP /ジル・ヴィルヌーヴ
8.フェラーリ・F1-2000 /2000年10月8日・日本GP /ミハエル・シューマッハ
9.フェラーリ・F2007 /2007年10月21日・ブラジルGP /キミ・ライコネン
10.フェラーリ・F10 /2010年3月14日・バーレーンGP /フェルナンド・アロンソ

■フェラーリ社の軌跡
スクーデリア・フェラーリの栄光の歴史は、モータースポーツ界の偉人と称されるエンツォ・フェラーリが、1929年、レース仲間と共同出資でチームを設立したときから始まりました。第二次世界大戦後、1947年に自社製レーシングマシンを開発して以降は、フルコンストラクターとして一貫してシャーシとエンジンを内製し続け、レーシングチームとして60年以上に渡って活動を続けています。母体企業であるフェラーリ社は、スクーデリア・フェラーリのレース活動資金を得るために高級スポーツカーを市販したのが始まりとされています。跳ね馬の愛称を持つ、有名な「カヴァリーノ・ランパンテ」のエンブレムと真紅のカラーをまとった市販車は、今や世界中のセレブリティーが愛用する一流ブランドになっています。
 スクーデリア・フェラーリは、F1世界選手権創設時から参戦を続ける唯一のチームであり、他にもF2や耐久レースなど、モータースポーツの幅広い分野で成功を収めてきました。特にF1においては、最多16回のコンストラクターズ・タイトル、9人のドライバーズチャンピオン、通算最多勝・最多出走など、数多くのタイトルと記録を保持する名門チームとして、常に世界中のモータースポーツファンの注目を集めています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング