「M&M’S(R) ミニ ミルクチョコレート」新発売

PR TIMES / 2013年8月19日 15時52分

“ちょこっと食べたい”の小腹満たしニーズに応えた食べきりサイズのミニ登場!! ポケットサイズで、秋の行楽シーズンにも最適!

マース ジャパン リミテッド(本社:東京都目黒区、社長:森澤 篤)は、1981年、日本での発売以来「お口でとろけて、手にとけない(TM)」で人気のM&M’S(R)シリーズから、新たに食べきりサイズの「M&M’S(R) ミニ ミルクチョコレート」を9月16日より全国で発売いたします。



M&M’S(R)は、おいしいミルクチョコレートをカラフルにシュガーコーティングし、手で溶けにくいため、「デスクで仕事中に食べる」、「移動中に食べる」など、ちょっとした合間に手を汚さず小腹を満たしたいときに食べる方が多くいます(マース ジャパン調べ)。
新発売の「M&M’S(R) ミニ ミルクチョコレート」は、コンパクトで、より手軽に小腹を満たし食べ切れるサイズの製品です。また、お子さまのおやつやお出かけ時にポケットに入れて持ち歩くにもちょうど良いサイズとなっています。あわせて、「知っているが食べたことがない」という方にも気軽に試していただけることから、認知・市場の拡大を図ってまいります。


■商品概要
 ・商品名: M&M’S(R) ミニ ミルクチョコレート
 ・希望小売価格: 40円(税抜)
 ・容量: 13.5g
 ・発売予定日: 2013年9月16日
 ・発売エリア: 全国


M&M’S(R)について
1940年、フォレスト・マース、ブルース・ムリーの二人が米国ニュージャージー州にチョコレート生産販売工場を設立。二人の頭文字(Mars、Murrie)から「M&M’S(R)」と名付けられたそのチョコレートは、誕生から今年で71周年。シュガーコーティングでいつでもどこでも楽しめるM&M’S(R)は「お口でとろけて、手にとけない(TM)」を合言葉に、欧米やアジアなど世界のみならず、宇宙食にも採用されるなど多くの人々に愛されています。また1996年には『USA TODAY』の広告大賞を受賞、2001年、2002年には『Global Color Vote(TM)』キャンペーンを実施(世界200カ国を超える国々のお客様からの投票によりM&M'S(R)に新色 紫を期間限定で登場)。M&M’S(R)はこうしたユニークな取り組みのみならず、乳がん基金とのキャンペーンなど多くの慈善事業にも取り組んでおります。日本では、米マース社の日本拠点であるマース ジャパン リミテッドが1981年から販売。
M&M’S(R)のホームページは、www.m-ms.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング