「西山天王山駅」の開業を記念したラッピング列車の運行や記念入場券、記念グッズの発売、宝探しイベントを実施します

PR TIMES / 2013年11月25日 17時14分

本年12月21日(土)、京都線の大山崎駅~長岡天神駅間に開設する新駅「西山天王山駅」の開業まで、約1ヵ月と迫ってまいりました。当社では、現在、その開業に向けた準備を着々と進めているところです。
このたび、この「西山天王山駅」の開業を記念した取り組みを次のとおり展開し、広く、末永く沿線の皆様に親しまれる駅となることを目指してまいります。



開業記念スペシャルWEBサイト→ http://rail.hankyu.co.jp/tennouzan/
リリースはこちら→ http://www.hankyu-hanshin.co.jp/news_release/pdf/20131122_2065.pdf

新駅「西山天王山駅」開業を記念した取り組み―――――――――――――――――――――――
1.西山天王山駅の「コンセプトワード」と「シンボルビジュアル」を決定しました。
2.ラッピング列車「西山天王山駅開業記念号」を運行します。
3.スペシャルWEBサイトを開設します。
4.「開業記念入場券」、運行標識板ミニチュアマグネット「記念ヘッドマーク」を発売します。
5.西山天王山駅開業及び駅名変更を記念した宝探しイベントを開催します。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

1.西山天王山駅の「コンセプトワード」と「シンボルビジュアル」を決定しました
■コンセプトワード
 「つながる ひろがる かなであう」
西山天王山駅の開業により、本駅は京都縦貫自動車道ともつながり、高速バス、マイカーあるいは地域を走る路線バスとの乗り継ぎがしやすくなるなど交通利便性が向上します。駅周辺はもちろん、高速道路を使えば遠方からもアクセスしやすくなるため、これにより「ひと」の行動範囲がひろがり、新たな交流、出会いが生まれます。この駅を中心にこれまで各地域が育んできた歴史、文化、自然などの固有の地域資源や魅力が、共鳴し、未来を奏ではじめる、といった意味と期待を込めています。

■シンボルビジュアル


西山天王山駅を中心にして、鉄道と高速道路により結ばれる各エリアの観光スポットとともに、「コンセプトワード」のイメージをシンボリックに表現しました。

2.ラッピング列車「西山天王山駅開業記念号」を運行します
開業を記念して、西山天王山駅の概要や魅力をご利用のお客様にお伝えすることを目的にシンボルデザインを車体にデコレーションしたラッピング列車「西山天王山駅開業記念号」を運行します。
※列車番号は9307から変更になる可能性があります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング