国際線 就航開始 10月28日(日)東京(成田)‐ソウル(仁川)間 片道6,980円~  就航記念特別運賃980円 4,000席  10月10日23時より販売 燃油サーチャージの設定はなし

PR TIMES / 2012年10月10日 13時38分



 エアアジア・ジャパン株式会社(代表取締役社長:岩片和行、所在地:千葉県成田市)は、2012年10月28日(日)より初の国際線定期便となる成田(東京)‐ソウル(仁川)線の運航を開始いたします。これを記念し、2012年10月10日(水)23時から10月17日(水)24時までの8日間、980円の特別運賃の航空券を4,000席限定で当社ウェブサイト(www.airasia.com)にて販売いたします。上記の運賃の予約対象期間は、2012年10月28日~2013年3月30日です。購入にあたっては別途、支払手数料(おひとり様、1区間あたり200円)、空港使用料などがかかります。なお、エアアジアでは、燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)はいただいておりません。

 なお、成田(東京)‐ソウル(仁川)線の通常運賃は、燃油サーチャージ込みで片道6,980円~、2012年10月10日(水)23時から当社ウェブサイト(www.airasia.com)にて販売を開始いたします。この運賃の適用期間は2012年10月28日(日)~2013年3月30日(土)です。


 また、エアアジアのオンライン旅行サイト『エアアジア・ゴー』では、ソウル2泊3日パッケージ(フライト+ホテル)を10月10日(水)23時から10月17日(水)までの期間、6,283円~発売いたします(海外空港諸税および国内空港施設使用料、ホテルの税・サービス料は別途)。

 エアアジアグループCEO トニー・フェルナンデスは国際線就航に向け、次のように述べています。
「国際線の就航をご報告できた本日はエアアジアグループにとって、記念すべき素晴らしい一日になりました。そして日本の皆様にとっても素晴らしい日となったことと思います。お手頃な料金で、さらに多くの場所へ旅に出ることができるようになりました。エアアジア・ジャパンの国際線就航は、エアアジアグループの夢でした。そして私自身も成田国際空港から韓国へ飛び立つ、エアアジア・ジャパンの成長の姿を楽しみにしています。おめでとう、カズ(代表:岩片)とエアアジア・ジャパンの仲間たち。日本の皆様にとって、空の旅がさらに手頃に、さらに身近になりますように。」

 エアアジア・ジャパン株式会社 代表取締役社長 岩片和行は、次のように述べています。
「国内線の運航を開始した8月1日からおよそ3か月経ち、たいへん多くのお客様にご利用いただいておりますことを感謝申し上げます。この度、無事に国際線就航を迎えることができ、心から嬉しく思っています。初めての国際線の就航地はお隣の国、韓国です。エアアジア・ジャパンは、アジア最大の路線を持ち、『世界No.1 LCC』の評価を得ているエアアジアグループの一員として、韓国を初めとするアジア各国との懸け橋となることで相互理解の一助となりたいと思っております。成田とソウル(仁川)は1日1便ずつ、週7便の運航予定です。運航時間はおよそ2時間ですから、国内旅行と同じ感覚で気軽にご利用いただきたいと考えています。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング