丹後織物産地に新風を吹き込む職人チーム「TANGO+」による展示販売会を開催!in 高島屋大阪店

PR TIMES / 2012年12月26日 10時52分



京都府では、丹後織物のブランド力向上を図るため、丹後織物業者が取り組む新商品開発やその販路開拓の支援を行っているところです。

この一環で、丹後織物産地の若手職人チーム「TANGO+(プラス)」が、織元ならではの技術を活かして制作したきもの、帯、ストール等を、技の実演を交えて紹介する展示販売会を高島屋大阪店で開催しますのでお知らせします。

なお、府が平成18年度から支援している展示販売会などの販路開拓事業における累計販売額が1億円に迫っており、同展示販売会による1億円達成に向けて取り組んでおります。

■会期 平成25年1月2日(水) ~ 平成25年1月7日(月)
■時間 午前10時 ~ 午後8時 ※最終日は午後6時閉場
■場所 高島屋大阪店 7階催会場(新春大呉味の市会場内)
■展示会名 京都・丹後の職人展(染・織)
■内容
○ 産地内の若い職人が独自の染・織の技術を持ち寄って制作した、素材産地だからこそ提供できる魅力ある逸品を展示販売
・白生地を丹後に自生する植物で染色したきもの
・丹後ちりめんの織技術と生糸の先染技術を融合したストール 等
○ 技の実演を通じて、丹後産地の優れた技術をはじめ制作工程までをわかりやすくPR
実演日:織元名:内 容
1/2(水)~7(月):登喜蔵:糸つむぎ(草木で染めた繭から糸を紡ぐ工程)
1/2(水)~3(木):織元金重:写真織り用の紋作成(パソコンを使用した紋作成)
1/2(水)~4(金):民谷織物:螺鈿箔づくり(薄く削った貝殻から箔を作成する工程)
1/4(金)~6(日):柴田織物:丹後産繭の座繰り(繭から生糸を引き出す工程)

<出品織元>17社(内8社(織元金重、小林染工房、山象舎、篠春織物、柴田織物、民谷織物、登喜蔵、安田織物)は職人のアテンド有り)

【お問い合わせ先】
京都府商工労働観光部
染織・工芸課(TEL:075-414-4856)
織物・機械金属振興センター(TEL:0772-62-7402)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング