三陸沿岸の漁業復興―漁獲量7割回復、課題は販路

PR TIMES / 2014年5月23日 11時7分

公益社団法人 日本国際民間協力会(NICCO)の東日本大震災被災者支援

いけすを活用した直接販売開始、消費者と漁師らつなぐ
いけす施設完成を祝う記念式典開催 5月25日(日) 宮城県気仙沼市



 東日本大震災によって、三陸沿岸は大きな被害を受け、漁師たちは津波による漁船や漁具の流出、震災のトラウマに苦しみました。しかし復興庁によると、被災した宮城県、岩手県、および福島県の2013年漁獲量は、震災前の2010年の7割程度まで回復、水産加工施設も約8割が業務を再開しています。漁船の復旧や漁業従事者の事業再開が進んだ今、震災により失われた販路の確保、新販路の開拓による売上回復が課題となっています。

地元漁業関係者による新たな流通開拓への取り組み
 水産業の売上回復に向けて、生産者と販売者が直結し、飲食店や鮮魚店、インターネット通販を通じて消費者へ新鮮な魚を提供する直接販売への期待が高まっています。漁師らが水揚げした魚種を一定量集め販売することで、これまで小ロットのため魚市場に出せず、自家消費に回っていた魚の有効活用が可能となります。このような地元のニーズを受けて、国際協力NGO「日本国際民間協力会(NICCO)」(本部:京都市中京区、理事長:小野 了代)は、気仙沼や陸前高田の漁師から買い取った活魚を一時保管し、首都圏や仙台圏に直接販売を行うための陸上いけす施設「アル フルザ」を建設しました。施設は中東カタール国の震災復興支援基金「カタールフレンド基金(QFF)」から約1億6千万円の助成を受け完成、今後は地元漁業関係者が立ち上げた有限責任事業組合「Fish Market 38 (FM38)」が運営していきます。5月25日(日)の記念式典を前に、先月中旬から試験的な導入が開始されました。

 陸上いけす施設「アル フルザ」の完成と本格稼働を祝うオープニング・セレモニーを、5月25日(日)13時から気仙沼市唐桑町にて開催します。同セレモニーには、ユセフ・モハメド・ビラール駐日カタール国特命全権大使、菅原茂気仙沼市長らも出席。施設内の見学や、同施設で開発されたサンマやサメ肉を使用した加工品の試食提供も予定しています。つきましては、ぜひとも当日の取材・報道をお願いしたくご案内いたします。

陸上いけす施設「アル フルザ」オープニング・セレモニー概要
日時       2014年5月25日(日) 13:00-15:30 (参加者/プレス受付開始12:30)
プログラム・時間 13:00-14:00 オープニング・セレモニー
14:00-15:30 施設見学、試食会
場所 陸上いけす施設「アル フルザ」 気仙沼市唐桑町小田95-2
出席者   ユセフ・モハメド・ビラール駐日カタール国特命全権大使、
菅原茂気仙沼市長、関係者約100名
主催 Fish Market 38有限責任事業組合(FM38)、公益社団法人 日本国際民間協力会(NICCO)
協力 カタールフレンド基金(QFF)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング